今月のPSPLUS配信タイトル
フリープレイは後回しにすることが多かったけど、マルチゲーは積みゲーにすると過疎って楽しさ半減なのでできるだけ早めにプレイすることに
で、このゲーム、とにかくチュートリアルが不親切なわけですよ
つるはしと斧の作り方を教えられただけの原始人に毛が生えた状態で実戦に放り込まれ、右往左往している間に巨人が迫ってきて村を壊されて終了。自分も最初の2プレイくらいでアンインスコするところだった
慣れてくると何となくおもしろくなってくるんだけど、あまりにもとっつきづらいので布教を兼ねて早めの解説記事投稿

ある程度やった結論としては、わけわからん→おもしろいかも?→野良は無理ゲー
必要な素材のあるところの把握、協力しないとボスまで辿り着けないし勝てない、素材集めと戦闘のクラスごとの役割、などで10人マルチだからと言って各々が好き勝手やってていいお祭りゲーではまったくない
5人くらい集めてボイチャありでフレンドとやれば楽しそう。そうじゃなければ虚無を感じてくるのでおすすめできない



●超基本
このゲームは目的がかなり不透明。おそらくはボスを探し当てて倒しに行くことが大目的だと思われる
が、その目的を認識していない人が大多数で協力しないとボスに辿り着くことも難しい
これを意識していないとマップをふらふら走り回っていつになっても終わらないクソゲーになってしまう

最大人数は10人でPSPLUSで配信直後なので確実に満員になるが、皆ルールすらわかってない現状では1プレイ3時間くらいかかる長丁場になるので確実に途中抜けが起こる。時間が進むと人員の途中補充がされなくなるので最終的には3~4人程度の少数になる。たぶんその人数でもクリア自体はできるので人が減ったからと言ってクリアできないから抜ける必要はない

祝福を得ました=レベルが上がったということ
メニュー開くと祝福の欄があるので最初のLvは各クラスの選択、その後はスキル振りができるので上がり次第すぐにやっておく

ゲームをやめたいときは村の周辺に脱出ポイント的な施設があるのでそこから戻ること。通常の切断だと報酬が貰えない?
巨人を1体倒せばここから出られるようになるのでそれを一つの目安に

左側の2人の商人の間にある祠からワープできる。可能なのは星印が付いた地点でマップの各地で見つけた祠を起動することで利用可能。R3でどこからでも村に帰還できるが、これは再使用まで間があるのでできるだけワープで戻りたい

ゲーム中の実績でクラスや設計図が開放される。トップメニューから自分で取得しないといけないので忘れずに

保管庫に入っている物資は全プレイヤー共通で利用できる。中に入っているものは持ち出さなくても製作時に所有している扱いになるので味方全体の資産になる。不慣れなうちは自分で持っておくよりもとりあえず入れておく方が熟練者が有効に使ってくれる可能性があって全体での貢献度は高い
保管庫の中の物は決して不用品入れではないので何に使うのかわからないのに勝手に持っていくのは絶対にNG。誰か一人でもこれをやってしまうと疑心暗鬼になって誰も倉庫に物を入れなくなり、パーティ全体の装備不足に陥る

チュートリアルで村中央のコアにソウルを注ぎ込むように教わるが、これは村のHPのようなもので実践ではほとんど減らされることがないor巨人に張り付かれて即死のどちらか。店や施設が育ちきったときや死にかけの非常時以外は無駄使いなのでコアにソウルは使わないこと

左上に常時表示&各マップを行き来するとき画面に大きく表示される数字は自分の戦力とその地域の敵の強さ。数字が赤で表示されていると推奨される強さに満ちていないのでやや苦戦することになる

下キーを押しながら右スティックでチャット。周囲にいるorマップを見ている人にしか聞こえないので遠くの人に助けや協力を求めようとしても無理

村上部の施設にある右隣の看板からクエスト受注ができるのでとりあえず受けておく。討伐系以外はクエを受けていなくても該当アイテムが手に入るので物が手に入ってから受注でも問題ない。サーガ欄は特に報酬はないので触る必要なし

クエ看板の反対側の位置にある笛を鳴らすと助けを求める。チャットと違ってマップ全域に響くので明らかに人数が少ないときは躊躇なく鳴らすこと。削られ始めてから鳴らしたらほぼ間に合わない

村上部の施設の中にある建物の中にある箱は設計図などを開放できる貴重な黄金のホルンを使用してアイテムが貰える。わからないうちにとりあえずこの箱は触らない方がいい

弓での攻撃時はL2を押さないと引き撃ちのようなモーションの弱い攻撃になってしまうのでかならずL2を押しっぱで打つこと

攻撃や○ボタンの行動などを受け付けなくなり、移動しかできなくなるバグが存在する。発生原因が不明だが戦闘や建築したタイミングで起こる事が多い。慌てず敵がいないところまで逃げてからメニューからセーブして戻るでトップ画面に戻ってからワールドに入れば直る



●基本知識
砂漠&氷のエリアは温度の概念があり、適正外の温度になると画面にエフェクトが付いてそのうちHPが減るようになる。何もしてないのにHPが減り始めたらだいたいこれのせい
温度を保つポーションを使えば安全に探索可能。時間によって温度が変わるらしいので暑いなら朝夜、寒いなら昼だと行けるかも

主な素材は以下5種類
木系(枝、木、木の板)
石系(火打ち石、石、切石)
鉄系(鉱石、鉄、錬鉄)
皮系(皮、革、油革)
糸系(毛皮、毛糸、紡いだ毛皮)
そのうち上3つの木石鉄は基本素材としてあらゆる建築に使うので大量に必要になる。特に村周辺では木よりも見つけにくい石と鉄はヘタな素材よりも貴重なのでかならず拾うこと
日数が進むほど探索する範囲が広くなり、序盤はだだ余りだった木が足りないなどと言うこともよく起こる。余ったら後にできるようになる売却で売り飛ばせばいいので必要のない素材はないと言ってもいい。とにかく拾える範囲にあるものは拾っておくこと

夜でしか拾えない素材がある。夜にならないと出て来ないのではなく夜だと光って上位素材になる扱いの模様

鉱物より植物生物の方がソウルは多い(TIPSより)

道沿いの上を走る移動速度が上がる

△のスキルならつるはし斧がなくても壊して素材入手できる

つるはし斧は道具Lvが高い方が入手量も多くなるので早めに上げる

武器破損で素手になるのが怖いので武器は複数個持っておきたい。同武器を複数個持っていれば壊れたと同時に新しいのに持ち替えてくれるので別武器よりも手間が省ける

装備は巨人対策もあって火力重視。各クラスごとに得意装備的なものがあるが、それよりもレア度が高い武器を使った方が順当に強いのであまり気にしなくていい
HPは回復アイテムでどうとでもなるので後回しでいい

日数が進むほど夜が長くなっていき、14日付近からはマップのほとんどの地点が低温状態で対策なしでも探索することすら困難になってしまう
15日になると夜が明けなくなって1日中敵が村に押し寄せてくるようになり、次に押し寄せる巨人もどうしようもなくて実質終了。ボスを倒すならそれまでに何とかするしかない

高所にある素材でもある程度なら上り下りせずに取得可能

建造物の坂をうまく使う。これがあれば高いところもお構いなしで最短ルートを構築できるので探索効率が格段に上がる

青い袋のドロップ品は取り合いにならずに全プレイヤーが拾える。マップの仕切りを壊したときや宝箱を開けたときに出てくるので遠慮なくもらっておこう

自分たちが使うアイテムの爆発物は味方を巻き込まない。マップに設置されてある物は普通に巻き込まれるので注意


●ゲームの流れ
最初は全裸なので火打ち石と枝を集めてつるはしと斧を作る
それらがあれば木と石が取れるようになり、鉄・石・木あたりがあれば何かしら武器が作れるので何でもいいからとりあえず持っておく。防具は革だけで初期服を作れるので揃えておく
それらが揃えばいくらか探索できるようになるのでソウルを稼いで村の商人を鍛えながら徐々に探索する範囲を広げていく
荒れ地、水辺、砂漠、氷の地帯は草原では手に入らない素材が手に入るのでそれらを探索したい


●防衛戦
夜が明けるまで耐えるのが目的。敵をすべて倒す必要はない
門で押し留めて数が増えたら自分が降りていって片付けるのが基本
門はかならず閉めておくこと。門を開け閉めしなくても弓塔のある木の足場付近からローリングで降りられるのでそちらからで
序盤は雑魚ばかりで楽勝、ゲーム終盤でも適切な装備ならば門一つに一人が着いていればほぼ抜かれることはない。が、稀にHPが黄色い大型の敵が現れ、こいつだけはやたらと強い。普段が楽勝だからと油断しているとこいつに押し込まれる
侵入された場合何よりもまず門を閉じるor修復するのが最優先事項。門を閉め忘れる→コアに張り付かれる→その敵を排除しようと必死に攻撃する→門が開いたままなので敵の侵入が止まらずにコアが削られる、が初心者定番の死亡パターン。それどころかこれを一人がやってしまうとフォローに数人がかりが必要になるのでパーティ全体が死ぬ
壁はアプグレはできるのに修理ができない。壊れてから直す
弓塔は威力が低くて序盤以外は役に立たないのでLv1止まりでいい。調べるとプレイヤー用の弓矢を装填することができ、特に範囲攻撃の矢を使わせるの馬鹿にならない戦力にある

●巨人
巨人が入ってきたと言う表示とともにゆっくりと村に近づいてくる
HPが非常に高く、10人だと15-25万くらいある。とてもじゃないが一人では倒しきれない
どうやらマルチだとゲームの初期人数=10人を基準にHPが固定されるようでゲーム後半で人が減ると明らかに火力が足りなくて辛い
村への火力も圧倒的で壁もコアもあっという間に壊されてしまう。HPが万全な状態で壁に張り付かれたらもう負けだと考えていい
反対に攻撃動作が緩慢で動きを見ていれば簡単に回避できる。村への火力に反してプレイヤーに対しては即死するほどの火力もない(5日付近に出てくるLv4を除く)
以上のことから村に近づく前に早めに対処できるかが鍵になる
ミニマップに大まかに矢印が示されていて、巨体かつ近づくとオーラみたいな物が出てるのでその方向に向かえば見つけるのは簡単
見つけても序盤で低Lvの巨人かつよほど装備がしっかりとしていないと一人で倒すのは無理。少数で立ち向かって長々と戦い続けると時間の無駄なのでできるかぎり大人数で処理するようにしたい
村の近くにくると警告表示が出て、そこから対処しても十分間に合う。警告が出たら皆で一斉に向かって素早く倒しにいくのが一番効率が良い
皆の行動を促すためにも夜終了後で村に人が集まっている状態で巨人を見つけたチャットを連発しておくと気づいてくれやすい。が、初期チャットに巨人を見つけたの項目が入っておらず、トップメニューのキャラカスタム欄から弄らないといけないので設定しておくようにしたい
倒すごとに次に入ってくる巨人はLvが上がるので一個前が楽だったからと言って絶対に油断しないこと
村に張り付かれて門を壊されたら侵入される前に門を修理することができる。これを知っているかでタッチの差で守りきれるかどうかが決まることもある


●応用知識(やや慣れてきた人向け)
夜の役割分担。戦闘系のクラスは村の防衛を、探索系のクラスは夜限定素材の採取に向かうのが良い。村の防御を投げ捨てるのは論外として、村に過剰な人数がいるのも貴重な夜素材の入手期間を逃して無駄になってしまう

夜で変化する素材は日中は拾わないようにする。夜素材は通常素材に追加される形で入手するので夜に取った方が単純に得。特に木系は変化しない木からでも十分まかなえる量があるので手を付けないこと

店の強化は道具アイテムがLv3、武器防具がLv4、一つの目安。それ以上はソウルに余裕が出るまで後回しで問題ない

村の商人からでは不可で地図上で手をかざしているマークの付いた売却専用の商人で余った素材などを売ることができる。海を渡ったところにしかいない?ようで売れるようになるのはだいぶ後になってから。売るのが面倒だが余った不用品が良い金になるので見つけたら優先的に

ゲーム終盤では属性が非常に重要になる。弱点を突けば目に見えて火力が上がり、逆に耐性持ちにはほとんど攻撃する意味がないくらい極端に差が出る。ワンランク上の装備を作るよりも複数の属性を持っておいた方がトータルで対応力が高くなる。クラスごとに2種類の得意属性があるのが基本なのでそれを目安に属性を選ぶといい。地域ごとに敵の属性がほぼ固定なので持ち替えでの弱点は狙いやすく、皆で弱点を突ければ巨人も怖くない

150程度の戦闘力と温度ポーションがあれば寒暖のあるところでもいくらか探索していける。近場に沼がなくて装備が……と言うときはポーションを作ってそういうところに飛び込んで銀骨に頼らない装備作成ラインを構築していきたい