ゲームその他

Insurmountable 攻略メモ

エピックで配信されたサバイバル登山ゲー
……だと思ったらストーリーがループから脱出するSFだったでござる
突拍子もない設定すぎると思ったら、ストーリーとかミッション選択とか成長要素はエピックの配信と同時にアプデで追加された要素みたいね
それまではキャラを選んで3つのマップを進んでゴールを目指すだけだったらしい。確かにその方がこのゲームらしさがある
しかし、セーブが1個しかなくて最初からやり直そうとすると上書きで強制やり直しさせられたり、やり直すとチュートリアルの最初のマップを強制的にやらなきゃいけなかったり、他のキャラを使うのに2~3マップをこなさないといけなかったりでこの辺が不便すぎ
アプデ前の進んでいくだけのモードもそれ単体のモードとして残しておけば良かったのにと思った
難易度はハード準拠。ノーマルなら適当に突っ込んでも余裕、もう一個上の難易度は減りがきつすぎて運ゲー



●メモ
・開幕は周辺にあるイベント地点を回ってLv上げと物資獲得。これをせずに真っ先に高いところに登っていくとデスゾーンで死ねる

・高低差があるところを通るとエネルギー消費が激しくなり、遠回りをすると時間がかかる。差が大きくなるほど減る量も増えるので差があるのならばかなりの遠回りをしてもその方がエネルギーは節約できる。逆にエネルギーはあるが体温が低いときなどは高低差を気にせず突っ切ることも考慮

・夜は視界が悪くて周囲が把握しづらい。エネルギーと体温がないなら寝ることを考慮し、進むなら昼の間に大まかにルートの目星を付けておく

・休息するときは防寒具と体温保護のスキルがあればテントなしでの休息もそんなに悪影響はない。正気の減少だけは避けられないのでそこだけ注意

・ゲージが赤でも動かなければ被害なし。例えば酸素がゼロで休息しても危険性はないのでエネルギーや体温のために寝ても構わない

・持ち込み装備はステージの傾向によって変える。寒いなら防寒、低酸素ならマスク、正気減ならハーブなど

・Lvアップ時のスキルはミッション中効果が続くものを優先的に。時間制限があるものは体調万全で進み続けられるなどお膳立てがないと最大限の効果が得づらい

・余裕があるなら脱出マスに入る前に経験値稼ぎをしておく。イベントマスを回る、危険マスを踏むなど

・装備は状況によって変更する。体温が低ければ防寒、エネルギーが低ければエネルギー軽減、特定のマスのエネルギー軽減する靴があれば高低差があるときだけでも履き替えるなどで地道にゲージを減らさないような努力をする

・光るイベントマスは回復イベントが必ず起こる。回復するものはランダムだが、時間経過もなくて即時回復なので入り得

・遠くをクリックすればそこまでの最短ルートが大まかに把握できる。通れないマスを排除してルートを示してくれるので最短だと思ったら通れないマスがあって後戻り……と言う事態が防げる。高低差や危険パネルは考慮してくれず、それらは手動で回避する必要がある

・開始地点に戻ればペナルティなく撤退可能。開幕デスゾーンなどのひどいマップも稀にあるのでそういうときは出直すといい



●ゲージごと
・エネルギー
主に移動やイベントで減っていく
動くだけで大なり小なり減っていくため、アイテムやスキルを使わずに高い状態を保つことは難しい
各種イベントで減少することも多く、低すぎると危機回避ができなくてケガの原因になるので下がりすぎる前に休みたい
寝ることで簡単に回復でき、テントがなくてもエネルギーの回復量は据え置き。他を犠牲にすれば回復ができなくて詰むことは少ない

・体温
時間経過で下がったり上がったりする
天気が晴天ならゆっくりと上がっていくが、寒冷だと下がっていき、テントありで寝ても微回復~回復しないことまであるので追い込まれると死亡の原因になる
逆に体温上昇の服やスキルが揃って晴天ならば結構な量が自然と増えていく。寒冷でも差し引きゼロくらいでほとんど無影響なことすらある
休息やイベント中など時間経過があるならばほとんどの場面で減っていく。選択肢を選ぶ前に防寒具を着ればその間の体温低下を防げると言うのは最重要テクの一つなので持っているなら必ず着てからこなすようにすること

・酸素
標高6000からのデスゾーンに入ると減っていき、それ以下の高度なら特別なデバフがなければ少しづつ増えていく
普段はまったく減らないのにデスゾーンに入ると一気に減っていき、デスゾーンから出るまで回復が困難と言う曲者。おそらく初心者が初めて死ぬ原因として一番多いと思われる
デスゾーンの中に長居しないことが最大の対策。デスゾーンに入る手前で休息してエネルギーや体温を確保してから入るようにし、デスゾーン内のイベントや休息は余裕があるとき以外は避けるようにしたい
が、すぐに抜けられる立地ならまだしも、山頂に向かうときなどデスゾーンを登り続けないといけないところもあり、そのときに装備やスキルがないと非常に辛い。運任せになりがちなので持ち込みアイテムで酸素マスクは必ず持っていきたい

・正気
移動すると徐々に減っていく。体温と違ってイベントの時間経過では減らない
ゆっくりではあるが着実に減っていき、回復手段がアイテムやイベントしかないので立て直しが難しい。一度追い込まれると回復イベントに当たるかどうかの運ゲーに追い込まれる
イベントを片っ端から拾っていくプレイスタイルをしていると特に問題になりやすい。高難易度では減る速度に対して回復手段が限られすぎていて最大の敵になる
全キャラ共通の対策はできるだけ無駄な移動をしないこと。イベントでは良いことをしたり、自然の恩恵を受けたりすると回復するのでそれっぽい選択肢は積極的に選ぶといい
科学者とジャーナリストは回復スキルがあるのでいくらか補えるが、持たない冒険者は特にきつくて不利な理由の一つになっている

・体力
なくなると死亡
イベント以外では減ることはなく、減少イベントの発生率も低い
他のゲージがゼロになると体力が減るイベントが多発するようになり、数時間歩くだけで死にかねない
最大値が20なのに1回のイベントで4-5くらい減るので体力を増やしたり回復アイテムを使って他のゲージがゼロになりながら無理やり突き進むのは不可能
体力を減らさないためには他のゲージを保つことが最善であり、体力の減少そのものを抑える装備や回復アイテム、スキルは価値が低い。回復はさっさと使う、装備は枠が埋まり次第捨ててしまっていい



●キャラごと
・登山家
エネルギー体温酸素などが強化でき、アクティブは時間短縮と登山強化
夜の負担を軽減するスキルもあり、登山家らしい地形や昼夜を問わず突き進むことに長ける
が、正気度に関わるスキルがデスゾーン内での軽減しかない。悠長に探索をしているとそのうち正気が保てなくなって死ぬ
アクティブスキルも性能そのものはアイテムと同程度しかないわりにクールタイムが24時間もあってこれを頼りにし続けるのは難しい
山頂踏破ミッションでデスゾーンを進み続けるとき以外は強みに欠ける

・科学者
時間を消費することで装備とアイテムの作成と経験獲得ができるのが最大の特徴。いくらかのエネルギーと体温の確保さえできればクールが来るたびにアイテムを作れる
アイテム使用で正気が回復できるので長期探索も苦にならない。自前で作成できる3回使用のロープで3回分の正気回復が見込めて相性が良い
アクティブで周囲を幅広く見渡すことで他キャラより格段にルートの計画が立てやすく、危険マスでのイベントでエネルギー回復するので事故上等で突っ込むこともできる
アクティブで正気を消費して他のゲージを軽減することもでき、効果時間とクールが同一なので正気さえあればどんな局面にも対応できる
長引けば長引くほど装備とアイテムが充実して楽になっていくので安定感が抜群。終盤ならば平原を歩くような快適な登山を実現できる

・ジャーナリスト
順当にエネルギーコストを減らすスキルを持ち、イベント正気軽減とアクティブの瞑想で正気のやりくりもいくらか楽
冒険者と科学者の中間的な万能型?2回程度しか使わなかったのであんまわからない


LoopHero 攻略メモ

エピックで無料配信された放置?周回系のRPG
レトロな見た目ながらなかなかのやりごたえ
容量が140MBなのでスマホでも配信できそう。むしろタッチ操作のできるスマホの方がカード配置がやりやすいんじゃないかって気がする


・攻略のコツ
無理してループを重ねるよりも危なくなったらすぐ戻った方が素材を無駄にせず効率よく成長できる。ボスを倒すと貰えるガイコツの素材があれば死亡してもすべて持ち帰ることができるので前チャプターに戻ってボス狩りをするといい
有利なところで戦う。たきび周囲の監視塔の範囲、ランタン、木立&血の木立、などをコの字型の道のところに配置してそれらの回りに敵が出るようにすると戦いやすくなる
ポーションを削られすぎない程度に戦闘を増やす。楽して周回を重ねると強い装備が手に入らなくて自分以上に敵が強くなってしまう。どのチャプターも10周はかからずクリアできるのでそれ以上かかるようなら遅すぎる
装備は特化したトレイルが取得できたときでもないかぎり効果よりもLvを優先
物資はボスとの戦闘を有利にできるものを付ける

・デッキ
最大で15枚まで持っていけるが、カードの組み合わせを考えて相性の良い物に絞った方が良い
以下カードや組み合わせの簡易解説
バンパイア+村+麦畑:バンパイアに村を被せると変化。グール4体&ヴァンパイアが毎ターン湧くので戦闘量が増やせる。3ループ後には普通の村より質が良くなる
クモ:隣接道が1本のところに置けばほぼ4体との戦闘になる。1体ごとが弱いので苦戦することはなく、カード稼ぎに最適。ゴブリンなどの数が多い強敵に被せれば間接的に弱体化もできる
木立&血の木立:ウルフが対して強くなく、血の木立を置けば火力支援になる。ウルフ対策の物資があるのでそれを付ければ素材稼ぎにも向く
書庫:不要な手札を交換してくれて便利
ランタン:数が多いところを減らして安全圏にできる。火力アップの物資があればどの場所でも役立つ
鍛冶場:装備を防御アップに変換できる。3回交換ごとに敵が出てきて、それのドロップの質が良いので失った装備分は取り返せる
森+川:攻撃速度上昇は全クラスで有力であり、地形カードで最有力。攻撃速度だけに特化すると疲労でバテやすくなるので岩か砂漠を持っていって多少能力を散らしておく
忘却:意図せず敵が多い地点ができてしまったときの保険になる
宝物庫:お手軽に素材と装備が手に入る
ゴールドカードはウォリアーとローグは宝物庫、ネクロマンサーは先祖の墓、素材稼ぎで素早く周回したいときは記憶の迷路

・トレイト
Lvアップで一つ覚えられる
覚えられる個数に上限はない?がLvが上がるほど必要なEXPが増えるので5個くらいが限界
当たり外れが激しく、あってもなくても変わらないようなものも多数
ボス攻略を目指すときに稼ぎ系が出るとむなしすぎるのでデッキ編集で出ないようにすること

・建設
チャプター4に入る頃には全部アンロックできるので躍起になって素材集めをする必要はない
マスにはかなり余裕があるので建てる場所は適当で大丈夫
余ったマスは最終的には小屋で埋めることになるが、大抵はそうなるまでにクリアできるはず


安くて軽い、しかしメインには不向き:HORI ワイヤードコントローラー ライト for PlayStation4

最近コントローラーの調子が悪い
純正とホリパッドの2個持っているのだけれど
純正:×ボタンの戻りが悪い。中のバネがイカれた?
ホリパッドFPSプラス:×ボタンの効きが悪い。強く押さないと反応しない
と、2個ともなぜか×ボタンが狙い撃ちされたかのように悪くなってしまった
これだと×ボタンの使用頻度でゲームによって使い分けることもできない。ってことで新しいコントローラーを購入することに

2個ともまったく使えないわけではないので軽さや小ささを重視してHORIのワイヤードコントローラーにしてみた
バッテリーがあるとその分だけ重くなるので有線の方がいいかと
タッチパッドがないと言う欠点はあるが、そもそもタッチを多用するゲームがほとんどないので問題ないと判断
見た目が純正と随分差があるように見えるのが気がかりだったけど、それだけ部品数が少なくて軽くなってるだろうと良い方向に考えてみた
ホリパッドは重くてデカくて耐久力が微妙なので買い直すのは止めた。グリップの部分とか塗装が剥げてひどい見た目になってる
さらに前に買ったPS3のホリパッド3の方が軽くて小さくてボタンの効きも正常で塗装の剥げもなくてPC用パッドとして普通に現役なんだよなぁ。これがPS4で使えれば買い直す必要もなかったんだけど

Amazonで購入。購入時のお値段2655円。さすがに安い

で、使った感想は……めっちゃ使いにくい!!!
グリップがなくてL1R1が小さいのでLRの操作がやりにくくて指の疲れがマッハ
PSボタンがゴムでオプションシェアと同じ感触なのも違和感ある
買ってから気づいたけど連射機能がない。どうやら付いているのはワイヤレスの方だけでそちらのページを見て付いている物と勘違いしたらしい
軽さは想定通りで腕への負担は小さい。LRを多用しないならならそれなりに使える
アクションゲームを一切やらない人、3人以上のパーティーゲームでたまに使う、とか用途を絞ればそんなに悪くはないと思う

失敗したなぁ。これだと2本目のサブとしても厳しい。仕方ないから新しくもう一個買うか
しかし何故だか純正のデュアルショックはずっと売り切れている
2019年頃からずっと品切れ続きな気がするんだけど何が起こっているのやら
まだまだPS4が現役なんだからちゃんと作ってほしいもんだ

やる予定のもの
今までやったもの
画像クリックでamazon、文字クリックでブログ内レビュー記事へ飛びます。
レビューを見比べると面白いかも?
古いレビュー一覧は
こちら

●2018年
・7/19

適当評価:☆
・6/14

適当評価:☆☆☆☆

●2017年
・12/21
適当評価:☆☆☆☆
・11/30
適当評価:☆☆☆☆
・10/19
適当評価:-
・09/28
適当評価:☆☆☆
・07/29
適当評価:☆☆☆☆☆
・07/06
適当評価:☆☆☆☆
・02/16
適当評価:☆☆☆☆
・01/26
適当評価:☆☆☆☆☆

●2016年
・11/02
適当評価:☆☆☆☆
・08/03
適当評価:☆☆
・03/24
適当評価:☆☆☆☆☆
・03/24
適当評価:☆☆☆☆☆
・03/10
適当評価:☆☆☆
・01/28
適当評価:☆☆