クラッシュオブクラン

クラッシュオブクラン 攻略:ゴーレムの使い方 考察編

unnamed
クラクラユニット考察14体目ゴーレム編
全ユニット記事書きオワター
しかしTH8の終わりが見えなさすぎてネクロマンサーを使えるのは早くても数カ月後になりそうだ


dsadw
・良いところ
圧倒的な高HP
ばねトラップを始め罠無効
やられても分裂して更に粘る


・悪いところ
絶望的な火力
高コストと長作成時間



スペース30と現段階で最大サイズのユニット
サイズ通りの耐久力でLv1の段階でHP4500と超高HPを持つ
大型ユニットなのもあって迫撃砲やWIZ塔の攻撃は回復してやらなくても涼しい顔で耐えてくれる
おまけに死んだときに分裂する能力もあり、こちらも1体がHP900と盾としては十分な数値を誇るのでこれも含めたトータルのHPは驚異的
ジャイアントと違ってばねトラップも効かないので盾としての安定性はゲーム内最高
攻撃対象も防衛施設なのでジャイアントを更に防御に特化させたユニットと言える

高HPの代償で火力は絶望的
スペース30にもかかわらずDPSはジャイアント1体とさほど変わらない程度しかない
後ろからの支援がないと壁に引っ掛かってる間にやられるだけのユニットになってしまう
HPも確かに高くはあるが1体に火力が集中し続けるのもあって後衛がしっかり処理をしないと見た目よりも早くやられてしまう

使い方は単騎や2体程度の少数をジャイアント代わりに盾として
多めに持っていっても火力がなさすぎるせいでこれだけが最後に残るという事態になりがちなので少数の方がいい
火力を補うために攻撃対象が同じジャイアントを数体連れていくのも考えられる
呪文との相性が悪く、元の火力が低いのでレイジとは噛み合わず、単体攻撃が集中しがちなのもあってヒールもやや活かしづらい
火力の低さを補いために後衛にはWIZを持っていきたい

盾としては非常に強力で強いのは間違いないがやはりコストの高さがネック
これより前の闇ユニット達に比べてかなり高コストなのでこれを使っているとダクエリが貯まらないどころか赤字になることの方が多い
そしてコストが高いわりに役割はジャイアントと被り、資源目当てならそちらでも十分
星狙いにしてもホグライダーを使った方が安くて確実なのでそれ目当てでも出番がない
ダクエリを貯めていない状況ならばジャイアント代わりに使っていいが、ダクエリが余るような状況はほとんどないので使うことは少ないだろう
ホグライダーに頼らず星を狙うときは使ってもいいかもしれない
そんなゴーレムさんの一番輝くのは闇兵舎で待機してダクタンを守るときという……
作成時間が長くてコストも高いので攻めたあとのアミキャンが空の状態からユニットを作ってるときでもこいつを闇兵舎で作っておけば確実にダクエリ1000ほど兵舎に貯めこんでおける
しかし作られて兵舎で待機してるのにキャンセルされて出て来ることはないゴーレムさんカワイソス(´;ω;`)

クラッシュオブクラン 攻略:バルキリーの使い方 考察編

unnamed
クラクラユニット考察13体目バルキリー編


dsada
・良いところ
HP火力ともに良好
範囲攻撃により複数施設を攻撃できる
範囲攻撃で援軍を潰しやすい


・悪いところ
ダクエリコストがやや高く、訓練時間も長い
競合ユニットが多く、使う意義が薄い


スペース8の中型ユニットで感覚的には強化バーバリアンや小型ババキンと言ったところ
攻撃は範囲攻撃で範囲も比較的広めではあるが、隣の施設を巻き込むほどではないのでせいぜい援軍処理のときに役立つ程度
HPはスペース比ではジャイアントより少し低い程度で壁としては頼れる数値
攻撃力も低くはないが高くもないくらいでHPの高さを考えれば十分な打点は持っていると言える
しかし単体で壁を抜けるような火力ではなく、かと言って複数出してもタゲがブレるのでイマイチ機能しづらい
呪文で支援してあげればいい感じに働いてくれるがそれならWIZの方が効果的という……
防衛援軍としては高めのHPと範囲攻撃のおかげでなかなか頼りになる
空に攻撃できないことを除けばこれといった欠点はないのでダクエリを貯める必要のないときに送る候補としては考えられる

使い方としては周囲の掃除をしたあとに中央に複数を流すようにするといいか
サイズが小さい分何体か出すことで適度にバラけて壁に引っかかっていい感じの壁になってくれる
外周に流すようにしてアチャWIZで後ろから支援するのも有効
足が早いおかげで確実に前に出て攻撃を受け止めてくれる

弱点らしい弱点はなくバーバリアンの上位互換的な扱いで弱くはないのだが貴重なダクエリを使ってまで作る価値があるかと言われると……
外周掃除ならババでいいし、中に流し込む役割だとババキンやPEKKAと競合してしまうのでこれを使いたいと思わせる理由がない
アプデが入るたびに強化されてるにもかかわらずこの有り様なので、何か特徴的な効果でも付けてくれないとちょっと使う気にはなれない
特化する構成にしなくてもババと置き換えるような形ですんなりと入れられるのでその点はメリットと言えるか
アプグレしてもコストの増加が大きいわりに能力の伸びが非常に悪く、正直TH9以降は戦力としても使い物にならないんじゃないかと思えてしまう

-------------------------------------------------
7月のアプデにより思考が変更され、今までは施設の中心を攻撃しており範囲攻撃の意味がほぼなかった状態から、施設の間を狙って攻撃してくれるようになり複数施設を同時に攻撃してくれるようになった

●思考の特徴

・同時に攻撃してくれるのは2施設まで?範囲的には4施設ほど同時攻撃ができそうだけど
・複数施設を狙える箇所を優先で狙いに行く>無差別と言うよりは範囲優先ってAIになった
・防衛援軍に対しての攻撃は今までどおり目の前の相手を叩くだけ

うまく機能すると実質火力が2倍になるようなものなので、こんな感じでハマったときの火力はかなりのもの
dwad

殴ってる施設を放っておいて移動しはじめたり、複数施設狙うせいでガンガン前に出て行ってしまうと言った微妙な劣化点もある
それでも能力やコストは据え置きのままなので基本的に強化されたのは間違いない
だが複数施設を巻き込めない箇所では今までと変わりなく、相変わらず壁への突破力が低いのもあって一躍強ユニットになるほど強化されたって感じでもない
相手によっては有効に機能するようになり、ようやく産廃ユニットからは脱出と言ったところ
防衛の観点から見ると施設を隣り合わせで置くのはやや危険と言えるようになった

7/5アプデ後追記

クラッシュオブクラン 攻略:ホグライダーの使い方 考察編

unnamed
クラクラユニット考察12体目ホグライダー編


dsasda
・良いところ
地上ユニットだが壁無効
足が早く火力も高い


・悪いところ
ダクエリコストが高め



闇兵舎2番目のユニット
最大の特徴は壁を飛び越えていくことで地上ユニットにして飛行ユニットのような特徴を持つ
攻撃対象が防衛施設なこともあって使い勝手はバルーンに近い
大砲を始めとした地上施設や罠には引っかかるが、逆に対空砲や空爆などの対空施設はスルーできるので劣っているどころかむしろ飛んでいるより有利と言えるかもしれない
スペック上の火力はやや低めに見えるがそもそも防衛施設はHPが低めであり、壁に引っかかることもないと考えるとむしろ高いくらいとも言える
それでいてヒールが十分機能する程度のHPはあり、移動速度もアチャと同じ高速なのでほとんどバルーンの上位互換と言っていい性能

ラッシュならば格上でもないかぎりは使い方を考えるまでもなく数をぶっこんで呪文で支援すれば終了する
ラッシュでなくともジャイアントで攻撃を引きつけたあとに出せば少数でも施設を破壊しやすい
足が早いせいでやや噛み合わないが、地上ユニットなのでヒーラーとの組み合わせも可能
周辺施設を壊さなくても単体で奥深くまで切り込んでいけるのでややもったいないが援軍を釣るのにも最適
HPはやや低めなのでWIZ塔や巨大爆弾が怖いが、即死することはないのでそれらに捕まったのを確認したあとヒールを撃てばほとんど無効化できる
唯一の弱点は援軍とヒーローで、これ単体ではこれらの処理はできないので処理用のユニットを忘れないこと

援軍処理さえできてしまえばこれ単体ですべて事足りてしまうほどの高性能ユニット
ラッシュはもちろんのこと、高速で壁を飛び越えて防衛施設を狙っていくおかげで一種の遠距離攻撃のようにも扱えどんな状況でも無駄になることがない
特に星狙いの場合はこれ一択と言ってもいい
同格ならばよほどのヘマをしないかぎりは壊滅まで持っていける
アプグレ費用は高めだが能力の上昇値は悪くないのでレベルさえ上がっていれば格上ですら食えるだろう
だが相手の配置を考える必要もなくとりあえずぶっこむだけ圧倒的な戦果を上げてしまうので少々つまらないユニットでもある
レベル高いとわからんけれど、現状TH8メインのクラン戦ではこれ使える人が何人いるかどうかで勝敗が決まってしまうほどのバランスブレイカー
コストが高めかつこれ単体では資源は奪えないため通常戦闘であまり見かけることがないのだけが救い
何ヶ月か前のアプデでコストアップの下方修正を受けたがおそらくこれからも修正を受けていくだろうと思われる

やる予定のもの


今までやったもの
このブログについて
管理人:てきと
日々を適当に過ごす暇人によるゲームの感想・レビュー・攻略・情報(とか)の日記です。
記事検索
管理人への直通便
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ