エピックストアでの無料配布ゲー
最初はサバイバルだと思ってたけど、いかに民衆の不満を爆発させずに働かせるかのブラック企業運営ゲームと言った方が正しいと思えてきた
最初はおもしろいんだけど毎回やることが似通っててシナリオを一通りやるだけで飽きが来るのが残念
もう少し色々なことでできれば神ゲーになれそうなので続編はその辺が改善されることを願う



●施設や資源など
・ジェネレーター&蒸気ハブ&暖房
オーバードライブは時間制限付きだが無料でLvを1~2上げる効果。実質石炭を肩代わりしてくれるようなものなので出力を下げて対応することも考えたい。当分寒波が来ないときも病気率を下げるために適宜起動するようにしておく
暖房はピンポイントで施設を暖められる。周囲の施設が少ない(目安は3個ほど)ならハブを置くよりも効率が良い。ハブと効果は重複し、病気防止のために重要施設は石炭があるかぎり常時起動が基本。施設が稼働していない時間は勝手にオフになるので手動で切る必要はないが、一人でも人員がいると低効率でも起動してしまい、温度が関係ないマトンでも起動してしまうのでそのときは手動で切るようにすること
出力アップは石炭の採掘量を考えながらできるだけ早めに上げて病気率を下げたい
ハブも含めた領域増加は適切な場所に再配置をしないと効果を最大限受けにくいので扱いにくい。初期Lvのままでハブの数を増やして対応した方が楽

・ビーコン、探索、前哨基地
ビーコンを建てることで探索ができるようになる。特に蒸気核や生存者は実質探索でしか手に入らない貴重品
行くにも帰るにもとにかく時間がかかるのでできるだけ早く建てて探索を始めたい。増員や速度アップも優先度が高い
前哨基地は特定の地域を探索すると行けるようになり、そこから1日1回資源を持ってくる。建てる手間とコストはかかる分だけそれだけ採取量は多いので見つけ次第早めに送り込むように

・工場、オートマトン、義肢
工場ではオートマトンと義肢が作れる
マトンは24H働き続けることができて病気もしないが作るのに蒸気核が必要になり、労働効率も良くなくてよほど人不足じゃないとコスパが悪い。強化していけば効率は良くなるが研究するほどのものかと言うと微妙
義肢はよほどひどい医療状況じゃなければそこまで切断患者は発生せず、そのために工場を建てるほどではない
プレイスタイルにもよるが2つともなくても困らないものなのでいらないなら工場は建てなくても問題ない
聖櫃シナリオではマトンが主力になるためマトン関連のアプグレは重要度が高い

・収集、倉庫
倉庫は気温の影響がまったくない。倉庫同士で固めたり、ハブで微妙に空いてしまった隙間に置いたりするといい
採掘量が増えるにつれて倉庫も増やしていけばいい。貯蔵量に困ったら増築する前に既存の倉庫の変更でやりくりできるか弄ってみると意外と何とかなったりする
大きな倉庫は4倍の貯蔵量があるが開発の手間がかかるわりに少し建てるコストが減る程度で既存倉庫からのアプグレもできないので倉庫の数を増やして対応した方がいい
収集は初期はパイルから、中盤以降でも製材所や石炭採掘機からの収集は行うので意外に重要

・石炭
石炭切れ=暖が取れなくなって死亡と同義なので最重要資源。その分入手手段は多くて削減する技術もあるのでそれらでやりくりをしていくことになる
入手手段は採掘機と炭鉱と炭焼窯の3つ
炭鉱は無限に入手可能で量も採掘機より多いが作るのに蒸気核が必要。石炭の重要度を考えれば蒸気核を最優先で建てるだけの価値がある
採掘機は単独ではパイルを作るだけなので別途収集が必要。パイルそのものから収集するのは効率が悪くて病気にもなりやすいので収集所とセット運用することになる。うまく配置すれば1つの収集所で4つくらいの採掘機から収集できる。収集速度よりも採掘機からパイルを作る速度の方が早いので少なくとも2個の収集所は配置したい
炭焼窯は木材を石炭に変換する。初期は変換効率が良くなくてアプグレすれば何とかと言ったところ。施設サイズが小さくて断熱も2あるので少数を作っておいて木材が余っていたり石炭が足りなくたったときに適宜稼働させるのがいいか

・木材
入手量は多めだが消費量も多め。序盤は鉄よりも使うものが多い。余っているなら炭焼窯で石炭に変換できるのでいくらあってもいい
入手手段は製材所とウォールドリルの2つ
製材所は周囲に木があるところに配置してそこから取っていく。配置するときに緑になった木が伐採可能範囲なのでできるだけ広範囲を刈り取れるところに置きたい。ウォールドリルよりも収集量も速度も劣り有限でもあるが、蒸気核がいらず建てるコストも激安。マップや配置箇所にもよるが比較的量には余裕があって長々と取り続けられるのでこちらも併用していく。製材所に限らず木のあるところの上に施設を建てると木がなくなってしまうので注意
ウォールドリルは無限に取り続けられるが建てるのに蒸気核が必要。製材所で取れる木が少ないマップではこれを建てないとそのうち木が取れなくなってしまうので重要。逆に木がたくさんあるならそこまで急がなくても製材所を増やせば対応できる

・鉄
中盤以降に足りなくなりやすく、入手手段が限られていて収集速度も遅いので一度不足すると改善させにくい。一方で炭焼窯のように別資源に変換できるものがないので余ったときの活用手段も限られる。木もあるなら家をアプグレするのが手頃な消費手段
入手手段は初期配置のパイル以外では製鉄所を作るしかない。その代わり石炭や木と違って蒸気核が必要とされないので作れる&アプグレできるようになり次第建てるようにしておきたい

・食糧、温室、ハンター、調理場
入手時は生食材で調理場を動かすことによって糧食にできる
調理すると生2が標準で4、スープで5、おがくずで6の糧食に変換される。後者2つは法律が必要でデメリットあり。これらは数字上は糧食で一緒くたにされているが、内部ではそれぞれの別物扱いにされていて経済パネルから各保有量を見られる
食べ物がないと空腹→飢餓の順に進行していき、飢餓になると生食材をそのまま食べてしまう。こうなると効率が悪くなって飢餓スパイラルに陥ってしまうので余裕を持つようにすること。必要な量は1日あたり1人1食なので把握はしやすい
空腹の人数は画面中央下に病人の隣に表示される。やけに食うのが遅くて糧食が十分にあるのに長々と空腹アイコンが出てるときがあるが放っておいても飢餓にはならないのでそのままでいい
入手手段はハンター小屋か温室
ハンター小屋は低コストで建てられて資源量も無限。準備するだけの小屋なのせいか気温も関係ないので倉庫と合わせて適当なところに建てておけばいい。夜のみ稼働する唯一の施設で夜は狩猟で昼は他の仕事をさせられる……ように見えて狩猟後は長時間の休憩が必要で15時頃まで活動できないので難しい。活動させられるのは労働者のみで子供やエンジニアは不可。見た目以上に町に負担がかかる施設で人が少ないと町の運営に手が回らなくなりやすいので効率アップと人数削減のアプグレは早めに
温室は蒸気核が必要だが普通の施設と同じように機能する。概ね炭鉱などと同じだが場所の指定がなくて蒸気核の分だけ建築できて子供やエンジニアも働けるので建てるほど人に余裕ができる。ただ、入手量はハンターとそこまで差がなくて数がないと必要な量は確保しにくい
調理場は温室2つ分くらいまでなら1個が稼働するだけで十分な糧食は供給できるので当分は1個と延長シフトで事足りる。が、調理場が遠いと食事までの時間がかかって町全体での効率が落ちるので町が広くなってきたら何個か散らばって配置するようにするといい

・家
肌寒い以下だと不満が溜まり、暖房でのカバーもできないのでハブで24H暖め続けることになる。寒いと不満と病気がどんどん増えていくのですべての家を過ごしやすい以上ををキープするのがこのゲームの至上命題と言っても過言ではない
闘技場を始めとして配置することで周囲の不満や希望を改善する建物がある。ハブとそれらの施設の範囲内に可能なかぎり固めて建てるのが大原則
テント→小屋→住宅と強化されていくが、少数をアプグレしても他の家が寒いままだとそこが不満の元になるのであまり効果的ではない。やるなら集中的に建て替えたい
住宅は素の状態だと建て替えるには高額すぎるのでその一個上にある再設計でコストを落としてから上げるようにした方がいい

・救護所
24H稼働かつ止まると病人が治せなくてどうしようもなくなってしまうのでハブで暖め続けるのが基本。診療所で固めるか同じく24H暖める家の周囲に何個か置いておくのも良い
一つの診療所で5人しか収容できず、治療まで1~2日程度の長めの時間がかかるので病人が多くなってくると手が回らなくなって不満も増えるようになる。逆に病人が少ないと何もやることがないので多すぎても無駄。ワークショップとともに多めに建てておいて、病人が増えてきたら診療所に、減ってきたらワークショップにエンジニアを配置換えできるようにしておくと急な病人増加にも対応しやすい
診療所になると10人まで収容できて治療までの時間も半日くらいまで短くなる。蒸気核が必要で救護所の数を増やせばある程度は対処できるので優先度は低めだが、病人の対処がかなり楽になるので余裕があれば1個は欲しい。特に病人糧食との相性が良い

・ワークショップ
1個100%、2個130%、3個150%、それ以降は10%ずつ効率が増えていく。なので1個は常時稼働&延長シフト&ジェネ付近に置いて温度キープさせるようにし、可能なかぎり3個までは稼働させるようにすると効率が良い
研究が進まないといつまで経っても生活が良くならないので1個稼働は診療所よりも優先度が高い。1人でも病人が出たらすぐに代わりを配置し直すようにすること


●希望と不満
どちらも悪い方に振り切れると一定期間内に改善しないとゲームオーバー
とは言えよほどひどい環境を続けないかぎりそこまで悪化することはなく、難易度ノーマルならゲームオーバーをお目にかかる方が難しい
希望は上げるのは難しいが下がることもそれほど多くないが、イベントや法律を除くと信仰か法律くらいしか上げる手段がないので上げられる施設はしっかりと確保しておく
不満は希望ほど下げるのは難しくないが些細なことでも上がっていく。住宅の周囲に置くことで改善させられる。希望と違って延長シフトで間接的に資源に変換できるためある種のリソースと言えなくもない


●法律
目的と適応の2つに分かれていて、前者は不満希望の改善、後者は生存のため、と大まかに分かれる
目的と適応でクールタイムを共有しており、次を選べるようになるまで時間もかかるので今何が必要かによって選んでいく必要がある
物によってクールタイムが違い、基本的には短いものから進めていった方がトータルでは得しやすい
信仰と法律は択一でどちらか一方しか選べない。どちらも大まかな性能は変わりないので好みでえらんでいい。信仰は炊事場で温度が、法律は現場監督で効率が有利と言えるか


●メモ
温度は全施設を快適に保つようにしたい。肌寒いでも普通に病人が出るので多数の施設が肌寒い状態だとゆっくりと医療が追い込まれてくる
夜は仕事はしないが建設はやってくれる。昼に仕事をして資源を溜め、夜にその資源で施設を建てるのが基本中の基本
各施設の労働者タブから治療中で働いていない人員の確認ができ、それをピンポイントで外すことができる。シフトと同時押しで複数選択して解雇できる
施設は解体すれば7割くらいは戻ってくるのでそこまで損はない。蒸気核はそのまま戻ってくる
道路の上に施設は建てられないのでいらないなら壊す。作るのと違って作業員は必要なしですぐに壊せていくらか木材も戻ってくる
道路は1本で複数の施設に通せたり、その後の施設を置くところを予想して効率良く敷くようにしたい
施設を建てるときは中クリックで方向を変えられる。そのままでは建てられないところでも横にすれば建てられたりする。石炭採掘機は収集所の範囲に入れるための調節もできる
建設や道路は病気になってなくて仕事をしていない人員が勝手に行う。移動の概念もあり、遠くに建てようとするとそこに向かうまでの時間がかかる。施設の稼働と違って誰を建設に向かわせるかの指定はできないので急ぎで建てたいときはそこから近い施設の仕事を解除するようにするといい
経済パネルから空きベッドの数を見られる。空きが多かったら解体も視野に
緊急シフトは不満の増加が大きく、突然死が起きることもあるため本当に緊急のときだけにすること。延長シフトは不満はそこまで溜まらず、オンオフで調整もできるので重要施設は常時延長させておいていい
一人でも配置して稼働状態になっていると暖房が稼働してしまう。暖房効率を高めるために重要度の急ぎでやらなくてもいい施設は少数での稼働はさせない
寒さが強くない間に延長シフトなどでできるだけ働かせて稼いでおく。寒いときは労働者は狩りに行かせるといい


スポンサードリンク