イコリアではついに通常の構築を一回もやらずに終わると言う快挙を達成
1回のリミテッドを2~3日かけてやりながら、作業場やFNMがあればそちらをやる、みたいなペースでやってたらゴールドもジェムも全然減らなくて構築をやる必要がなかった
それどころかもはやデッキを組むのがめんどくさいって領域まで来てるのでもう構築はやらないような気すらしてる
でも倦怠期と言うよりは安定期って感じで別にやる気がなくなったわけではないのよね。報酬に駆られて嫌々赤単回してたような時代から見ればむしろ楽しめてる



●日替わりセール履歴
カード資産に関わる物のみ記載
右隣はゴールドでの値段。ジェム購入なら1/5。ごく一部を除いてジェムでもゴールドでも購入可
6/27 M21 750
6/28 対人ドラフト 9000/1350
6/29 350ゴールド 50
6/30 ドミナリア 500
7/4 エルドレイン 500
7/5 550ゴールド 50
7/9 テーロス 800
7/12 500ジェム 2000
7/14 イコリア 750
7/16 イクサランの相克 450
7/18 イコリア 700
7/21 イクサランの相克 500
7/24 M21 850


●アプデ、出来事、変更点、気づいたことなど
作業場やブロールは定番になったし、書くのもめんどくさくなったので今回からは書きません

・デッキの高度な検索
これ今までも普通にできたものを公開しただけなんだけど、公式サイトとか見ても載ってなくて半ば隠しコマンドみたいになってた検索方法達
ってかオラクルとかタイプとかP/Tとかコマンドを知らないとうまく絞り込みができなくて大変なんだからもっと早く公開してれば良かったのに
ちなみにコマンドの頭に-を付けると除外できるので覚えておくと便利
しかし表示されるのが検索欄にマウスオーバーしたときでカード一覧を思いっきり塞いでるのが邪魔でしょうがない。一度覚えてしまえば常日頃から見るものでもないので慎ましい位置に退かしてほしい


・デッキ編集の拡大画面
デッキ構築の真ん中にある変なボタンを押すと画面全体を広々と使って構築できる
上下でマナコスト順に並べながら見比べたり、マナシンボルを押すと一括でその色のカードが入ったり、追加分が色分けして取捨選択もできるのでシールドでのデッキ編集にめちゃくちゃ便利
t:クリで絞ればクリーチャーだけが出てくるのでどの色なら成り立ちそうかも一発でわかる
でもドラフトではそんな必要ないからかなりニッチな機能
通常のデッキ構築画面では使えもしないのに表示されてて、しかも押すとプチフリーズして固まる。表示しないようにすればいいのに



テーマを持って組まれた20枚の半構築済みデッキを2個組合わせたデッキを使う構築とリミテッドの中間のようなJumpstartを使ったイベント
アリーナでは3種類から1パック選択を2回行ってデッキを作る形式
参加費2000で開封したカードはそのまま手に入る
報酬は2勝まではJumpstartのレアがランダムで貰える。それとは別に選んだデッキに入ってるイラストの基本土地も手に入る
対戦数は無制限。止めたくなったら棄権すればまた参加費を払ってパック選択からやり直せる
ゲーム感はさらに運ゲーに寄せたシールドってところ。カードの強弱が激しいのはもちろんのこと、強くても単体では仕事しない、2つのテーマがまるで噛み合わないなどが多発するので結局1枚で確実に働いてくれるカードがどれだけあるかで決まる印象。実質5色になる土地が入っているのでどのテーマを選んでも色事故がほぼ起きないのはすごい
ってか無制限に対戦できるのに3種類からの選択式にする必要はあったのだろうか。ランダムなのが売りのはずなのに同じテーマ2つにしたり、強いテーマを選んである程度自分の好きな方向に寄せていけるって本末転倒だと思う。報酬の基本土地も全テーマからランダムで2枚とかにしておけば問題なかったはず
決してつまらないわけではないし、参加費と報酬も十分良心的なんだけど、これ1ヶ月(7月17日~8月17日)も続けるのはさすがに無理でしょ……。最後の方は人いなくてマッチングに時間かかりそう
---
約2週間Jumpstartをやり続けた感想
・選択制と言うことで危惧していたテーマの偏りは確実にある。未だに1度も出会ったことないテーマが考古学、切削、レインボー、環境保護、ユニコーン、壁、ウィザードとこれだけあるのにリアニ7回、魔術5回、地鳴り4回など何度も当たっているテーマもある。ただ、全体で見ればどのテーマも1~3回なので思ったより偏りは薄い印象
・同テーマ2個とか噛み合ったテーマで組んだデッキにはマジで勝ち目がない。無限にプレイできるので強いテーマで組めたらそれで勝利稼ぎをしている奴がいるんじゃないかと邪推してしまう
・何だかんだでリプレイ性は高い。これだけやっていても未だに見たことないカードが飛び出てくることがあるのはリミテッドでも味わえない新鮮さ
やっぱり選択制ってのは間違いだよなぁと思いながらも、それでも意外に飽きが来ないでやり続けてる
自分は途中から土地入手のためにやっていないテーマを優先しつつ、既にやってるテーマしかなかったら一番左、と半分ランダム的な選び方をするようにした。もちろん組んだデッキの中身も確認せずに対戦に行ってどんなカードが出てくるか一喜一憂する。これが真のJumpstartの楽しみ方じゃ!


・作業場終了
>他のイベントやプレイモードと被る部分が多くなり、有用性が限られてきました
とのこと
リミテッドの合間の良い気晴らしになってたので残念
無料で構築済みを使って資産関係なく気軽にできるイベントってのは替えがないとは思うんだけどねぇ
毎週趣向を凝らしたデッキを作るのが面倒なわりに1勝して報酬もらったら終わりのプレイヤーばかりで割りに合わないから終了って感じがする


・冒険者セット
3,500ジェムと「冒険者」のアバター、「真鍮の都」スリーブが14.99ドル
去年は値段とジェムの量が同じでスタイル5枚のセットがあったのでそれの後継商品
ジェムだけ見ても普通に買うより得なので課金するならお買い得なセット
自分は去年のは買ったけど、今は資産に困ってないのでスルー



スポンサードリンク