別の武器使うためサブキャラを作ったついでにチュートリアルをやり直して序盤の流れを書いてみる
日本人もといプレイヤーは増えているのだろうか。日本人がいても同じ名前ばかり見かけるような気がする


●序盤の流れ
キャラ作成して変なムービーを見たら武器を選んで戦闘と馬乗りの練習。始めたてだと教官は意外に強く感じるかもしれない
その後の武器選択はお好みでOK。低Lvの間ならわりと気楽に他の武器に乗り換えられるので気に入らなかったら変えればいい。ただ、遠距離系は操作難易度が高いので止めておいた方が無難

選んだら傭兵基地と言う名のチュートリアルマップに移動。自分が始めたときはここが人でごった返してたけど、今ではそんなに多くない
突然街っぽいところに放り出されて自由に移動できるようになって迷うかもしれないが、とにかく説明を聞いてクエストを連続してこなしていくだけでいい
右下のマップに?マークが付いているところに行って話せばこのマップでやることは進んでいく。Tabを押してマークが付いている名前をクリックすればそこに向かって自動で走ってくれる

兵団操作の練習
ここでの操作はこのゲームで一番重要なところなんだけど、この時点ではよくわからんはず
とにかく兵を率いて一緒に戦うものであると言うことは覚えておく

実戦っぽい城攻め戦闘
攻城櫓を前進させて攻め込む、投石を放り込む、名前ありのCPU武将と戦う、フラッグを取る、と一応実践に近い形の戦闘
もちろんこの時点では意味不明で実戦はこんな簡単にいかないのであくまで雰囲気だけ味わっておけばOK

その後話してクエストを進めると地域選択
チャンネル選択のようなものでここで分かれた地域のプレイヤーと戦うことになる。別にどこが有利不利ってことはないと思うのでご自由に
自分の始めたときはペアリスと雲川が初心者向けになってたと思ったけど、やり直した時点ではその表記がなくなっていた

ここまででアイテムや装備、スキルなどを見る必要はなし。訳がわからなくなって混乱するだけなのでたくさんの兵士と戦うゲームくらいの認識を持っておけばOK
---------------------------------

選んだ地域に降り立って、ここからは周りにプレイヤーがいて実質的なゲーム開始
特別なことをしないかぎりはここが本拠地で当分の間は滞在することになる
また見慣れない街に出てきてわからんことだらけだろうけど、さっきまでと同じでクエストを追っていくのは変わらない

再び兵団の訓練をさせられて、さっきとは違う兵種を使うことになる
さっき攻城戦したのにやけに小ぢんまりとした練習をさせられるが、似たようなことやらされてるってことは重要なことと言うこと

兵団に機械を操作させる練習
兵になにかさせたかったらCtrlで指定させると覚えておく
実は投石が打ち放題なのはここだけで実戦で投石の感覚を掴むのは難しいので何度も撃ってどんなもん知っておくと良い。自分の兵団に撃てばどれだけ威力が高いかわかるはず(兵団死んでクリア不可能になるけど)。ここでは投石で建物を壊すように言われるが実践でこういう使い方するもんじゃないので勘違いしないように

そして、ついにPVPの実戦に入る
と言っても最初の方は8vs8の少人数戦かつ初心者同士の低Lv帯としか当たらないので安心して飛び込んでいっていい
PVPは訓練場、旗争奪戦、攻城戦の3つのモードが選べるが、攻城戦は死んだあとの待ちが長いので最初のうちは旗争奪で慣れていくのがいいかもしれない。Lv20になれば純粋なPVEの連盟クエストもできるようになるのでLv上がって気楽に練習したいならこちらを
出撃準備中に兵団を追加できるので忘れずに。クリックマークが出るのでそれを目印に適当に兵を追加していくようにすること
初陣なのでわけわからんうちに囲まれてタコ殴りにされて死ぬだろうけど最初はそんなもん。通常攻撃は弱いのでQERTに割り振られているスキルを使うこと、味方が多いところで戦うことくらいを意識できれば上出来

ここからはひたすら戦闘とクエストをこなしてLvを上げるのがメインになる
やるべきクエストはメインとサブが中心でデイリーは対戦しているうちに自然と達成したりしてるのでそんなに気にしなくていい
火器鋳造やクラン加入などやけにハードルが高いものもあるのでそういうのはスルーで構わない
ワールドに出るクエストもあって馬丁から出ることでMMOみたいな広い世界を歩き回れる。ただ、ソロでやってるとワールドを歩き回るメリットはほぼないし、始めたてでワールドのことを考えると混乱するのでクエストをこなすためだけでいい。採取クエは街の近くに採取ポイントがあるのでそこで採取するだけでいい
PVPでLvを上げる合間にクエストで機械訓練場で大砲や火矢の練習や軍需庫防衛戦で城門前の攻防など実戦風味の戦闘をやらされる。あんま役立つことはないので何となく覚えておく程度で

そうこうしてLv30になると兵団を編成するためのコスト=統率が最大値の700になり、装備もすべて着けられるようになって、ここからが実質なゲームスタート
攻城戦でも15vs15の戦場に放り込まれる(Lvが低いうちは8vs8になることもある)
マップ数も広さも一気に増えるし、かなり上の方のLvと当たることもあるので付いていけないかもしれないけど死んで覚えてください
と言ってもLv100になるくらいまでは実質初心者みたいなもんだからそんなに大きな差はなかったりする
-----------------------------------

ここからはLv30になって本格的に攻城戦に行く前にやっておきたいことを画面の上に並んだアイコンから飛べる各ページごとに分けて書いていく
ここに書いていないところはほぼ触らなくても問題ないこと。無駄にごちゃごちゃしていて色んなところを見ていると混乱するので慣れてきてからでいい


カッコ内はショートカットキー
●キャラクター(P)
・ステータスポイントの配分
遠距離系武器でもなければどのステも不要になることはなく、後から振り直しできるアイテムも何個か貰えるので自動配分でも構わない

・装備
これまでのクエで多少強いものが貰えているのでそれに着け替えておく

・マスタリー
スキルポイントが溜まってるので振っておく
最初はどれが強いか分からないだろうけど、強化することで使い勝手が悪化することはないので好きな物に振っておけばいい
ただしSPの振り直しはできないので複数の武器を試したいならどの武器にも使える共通SP(オレンジの数字)は多少残しておくようにするといい


●兵団(U)
・兵種ツリー
まずは兵団を開放する
兵団の開放と強化には戦功が必要。兵団ツリーのEXPのようなもので戦ってれば手に入る
ミラノ市民兵、甘州民兵、ガリア農兵は無料で開放できるのでやっておく
Lv30になった時点で開放を目指したいのは青徐槍兵、義鳥民兵、帰郷盾兵、虎衝藤甲兵、播州長槍兵、あたり。これらはコスパが良いのでしっかり鍛えれば高Lv帯でも通用する
逆に遠距離兵と騎兵には手を出さない。遠距離兵は扱いが難しいのでデフォで持ってるゲルマン弓兵で感覚を掴んでから。騎兵は攻城戦ではあまりに弱すぎるので使い所がない
これ以降も一気に強いのを目指すのではなく、低Lvの開放した兵団を強化してから上を目指していった方がいい

・軍営
左側の+ボタンを押して、左上の未設立の兵団にチェックを入れて、作っていない兵団を片っ端から作っていく
最初の頃は兵舎の容量が足りないが、クエの報酬で拡張アイテムが貰えるので最終的には20くらいまで雇えるようになる
!マークが付いている兵団はLvが上がって訓練ができるようになっているので上げておく
訓練を振り直しするには課金が必要なので結構慎重に行うべきなのだが、当然何が強いスキルなのか分かるはずがないのでとりあえずどれでもいいので振っておく。ただし、主に民兵が持っている糧秣や採取に関わるものは戦闘には影響しないので避けておくのが無難
右に5個並んだ四角の枠には軍魂と言う強化アイテムのようなものを付けられる。レアリティによって差があって、灰色や緑色のものはわりと手に入るので適当に付けておいていい

・戦場で集兵
字面だけ見ても何するところかわかりにくいが、つまり戦闘で持っていく兵団のセットをするところ
マッチング集兵が一般的な戦闘、出撃して集兵がワールドに出るとき、全域作戦が城外乱戦での戦闘。他2つは当分の間使わないのでマッチング集兵のところだけ弄ればいい
持っていく兵は序盤は悩むほど選択肢がないのでとにかくコスト一杯まで兵団で埋めること。7~9は持っていけるはずなのでこれだけあれば死にまくっても枯渇することはない
3つまで作れるので兵団が増えてきたら攻め用と守り用で分けておくといい

・傭兵
1週間の期間限定で高コストの兵団を雇える
6個の中からコスト450分まで雇うことができ、180前後の青の中から一つと250前後の紫の中から一つの2つの兵団を雇うのが基本。最高コストの350の兵はLv制限があるので当分は雇えない
強力な兵に目を奪われるかもしれないが、初心者のうちは使わないようにした方がいい
初心者が高コストを使っても武将が死んで無駄死するだけ、雇えるのが弓や馬などの尖った兵種が多いので扱いきれない、無料兵団にEXPを取られて自軍の兵団の育ちが遅れる、などが理由
雇うならば汎用性の高い近距離兵にしておいた方がいい。遠距離兵はマップと動かし方を熟知してからにすべき


●インベントリ(I)
右クリで使うことで中身が手に入るアイテムがあるのでそういうのは使っておく
左側のテントのマークを押すと倉庫が開ける。アイテムが増えてきたら鉄とか糸とかの素材系はここに入れておくと整理しやすくなる


●イベント(O)
特別なイベントがなくてもログインボーナスやクエスト回復で報酬が手に入るのでログインしたら見ておく
クエスト回復はつまるところ戦貨をEXPに変えるようなもので報酬が大したこと無いわりにそれなりの戦貨が必要になるので最初の頃はやる必要はない


●探訪(X)
古戦場の手紙を使って軍魂を入手できる。軍魂はいくらあっても困らないので手紙が手に入り次第使っておく
同一画面から兵種の書で兵団の開放に使える兵章も手に入るが、こちらは同一兵章を20個も集めなければならず、開放まで果てしない時間がかかるのでほとんど気にする必要はない


スポンサードリンク