コンカラーズ・ブレードのマップごと解説
主にフラッグ付近の状況やセオリー、気づきにくい点などの基本情報。まだ全マップではないので少しづつ追加予定
クラン向けのガチ情報とかではないし、間違っているところもあると思うのであくまで初心者への参考程度で


・白鹿関
白鹿
Aは城門前
高い壁に阻まれた城門の目の前で守りやすいにもかかわらず、フラッグがここしかないので最初からクライマックスな激戦になる
両サイドの階段はAに向けて真っ直ぐ繋がっており、広さもあるのでここに兵を集めて左右から挟んでいくのが基本
両サイドには壊せる壁があり、そこを開けることによって左右の補給地点を狙える。重要度が高いのはAに近い左側の方でここを抑えると補給を断って混戦に持ち込みやすいが、Aとリスポの上下から挟まれて維持できないことも多い。右側は取っただけではAに与える影響がほぼないのでここからAの裏にしっかりと攻めていけないならば取る意味は薄い
守り側はAから補給地点が近く、散発的な攻撃ではすぐ回復されてしまうのでどれだけ戦力を集中してぶっこめか、かがカギになる。そして、連携が取れない低Lv帯では守り側が非常に有利で初心者殺しなマップと言える

本陣は小さめの建物が多い広場
フラッグに向かう左右2本のルートとリスポを封鎖する裏ルートがある
投石は広場には通せるがその手前の建物で待てば防げる
Aに比べればごくシンプルな本陣で地力が出やすい


・河間砦
河間
Aは城門前の広場
城門と2本の櫓から続く階段に加えてB側から後ろに出れる階段もある
例によって城門からの突破は厳しく、櫓側も城門の上にある壁によって投石で崩すのが不可能なのでここに固まられるとそう簡単には抜けない

BはL字になった通路の行き止まり
ここに近い城壁には櫓がなく、主にハシゴを登って攻め込むことになる
ハシゴの数も3*2の6本あるので十分乗り込みは狙える。多少蹴落とされるのをビビらずに数を集めて登っていけるかがポイント
道は広くも狭くもなく、裏を取れるルートもないので落としやすいとまではいかないものの、一度フラッグまで行ってしまえばは道から来る敵だけ見ていればいいので押し込みやすい
A側の櫓付近に目が行きやすくて防御が薄いことが多く、Aが堅いのでB→補給地点と取ってからAを包囲していく展開になりやすい

本陣は大きめの広場
ちらほらと障害物はあるが見ての通り開けているので投石は通し放題
階段があるものの爆弾投下はないので押し止めるのは難しい
A側よりも補給地点のあるB側から大集団で押し込んでくる流れになりやすい
遠距離兵を置くなら主戦場になりにくい本陣下側に配置すべし
A右側の櫓を右に出た通路の行き止まりに小さなハシゴがあってそこから直接本陣を狙える。Bが落ちたら速攻で本陣を取られることもあるので警戒が必要



・日輝城
日輝
Aは城門の上
2個の櫓と城門からの階段と言うごくシンプルな配置
兵団は建物の裏に隠しておくと機械で倒されにくくてAにもすぐ向かわせられる
守り側の補給地点が近いが、攻めも遠いってほどでもないので両者どっこい

Bも城門の上にあって、造りはほぼAと同じ
こちらは櫓が1個なので若干守りやすいか

Cはマップの中央に位置する広場
かなり広い開けた地形で投石が通りやすい。本陣への投石の効果が薄いのでここで使ってこの後を楽にしておきたい
B側から横に回り込むルートもあって、そちらにも兵を割かないと行けないので攻め側が大兵力をぶっこむと崩れやすい
AorBを取ってからの速攻もよくあるので取られそうになったら先回りしての防御を

本陣はやや建物が多めな広場
守り側の補給地点は近めだが、攻め側はリスポ地点の封鎖や補給地点の奪取を狙える上側ルートと本陣の横にある建物を盾にして回り込む下側ルートがあるので幅広く攻められる
守り側もやや引き気味にすれば建物を盾にして投石を防ぐことができる

全体的にシンプルな作りになっていて、裏取りや速攻などの選択肢も取れるとこのゲームの基本とも言えるマップ
C~本陣にかけて広くて真っ平らな地形なので騎兵が比較的活躍しやすい



・ベリル長城
ベリル
Aは正門の目の前
当然門の前は固められていることが大半で上から爆弾投下もできるので生半可な攻撃では正面突破は無理
左の城壁は壊すことができ、ここから補給地点を狙いにいける。広々としていて攻め側が有利な地形でここを落としてからAになだれ込んでいくのが基本
A右側からハシゴでAや補給地点に向かうこともできる。高さが低めでハシゴで乗り込みやすく、Aから左側の部分に意識が向きやすいマップなので大軍を向かわせればこっちからの方が抜きやすかったりもする
B~Cの城壁ラインは高台になっていて、ここに遠距離兵で位置取ればA~左右の補給地点付近にかけて安全に撃ち込める
ここは櫓が一つも存在しないので攻め側も守り側も兵器に触るのはほどほどにして陣形を整えるようにすること

Bは城壁を進んだ先にある塔の中
ここでの戦闘が始まる前にAとBの間にある補給地点の取り合いが長々と続くことも多い
入り口も城壁上も道が狭く、盾で固めて守りやすい地形
ただ、すぐ後ろの城壁をハシゴで登ってこれるので片方だけ見ていると裏を取られやすい。補給地点も近めで攻め側は捨て駒ハシゴ特攻戦法が有効。守り側はハシゴ蹴り落とし担当として数人は背中を見ておきたい

CはBの城壁をさらに進んだ塔の中
道も入り口も狭いとBと似たような地形でこちらは裏取りハシゴもほぼないのでBの前にCが落ちることは少ない
Cよりもむしろ目の前に補給地点が先に取られることの方が多い
A左にある補給地点の上部にあるハシゴでここの前まで一気に近づくことができ、Aが落ちたあとに速攻をかけられて門が開いているとそのまま城内に入り込まれて抑え込めなくなる。ここの門は味方の避難経路になることがほぼないので開幕後すぐに閉めておいた方が安全

本陣は四方を壁に囲まれた狭めの広場
周囲を壁に囲まれて投石が通らず、Cからの通路も正面の入り口も狭くて裏を取れるルートもないと攻め側には地獄のような地形になっている
ここの入り口の壁は壊すことができ、壊してしまえば侵入経路が広くなり、投石も放り込みやすくなるので格段に楽になる
狙いは難しいが初期陣地右側にある大砲から届くので時間をかけてでも撃ち込んでおく価値はある。しかし初期陣地から非常に遠くて初期配置の大砲で壊しきれないこともあるので投石で壊すか自前で大砲を持ち込んでおきたい



・ドリー門
ドリー
Aは城門の真上にある
目の前に大きな壁があるので投石はまったく通用しない。ガッチリと固められるとよほどの戦力を投入しないと抜けない堅さになる
左右の櫓と城門からの階段があるのでうまく挟撃やA側の補給地点へ揺さぶりをかけられるかが鍵になる

Bは城壁を降りてやや遠めの開けた地点
櫓周辺を抜いて階段を降りるところまで行けばB周辺も含めて広め
櫓から城壁を伝って補給地点の裏側を取れるルートもあり、前後からの挟撃を意識して布陣を崩すように攻めると良い

Cは2本の階段からのルートとハシゴでCの間近に兵を送り込むことができる
ハシゴも含めてルートが多く、C周辺が広めなのもあって、入り乱れた乱戦になりやすい。防御側は一度崩れたら立て直すのは難しい
階段には両方とも爆弾投下装置があるのでそこで固まってるとノーリスクで兵を減らせる
周りの城壁の上は簡単には潜り込まれないので防御側が遠距離兵を配置するのにうってつけ。相手から見れば激戦区で射撃にまで手が回らないので背中を撃ち抜けるような布陣を心掛けたい

本陣は奥行きがあるおかげで遠距離兵が待つスペースを取りやすく、大盾&射撃で固めるとかなり堅い
城壁やデカい建物があって投石もやや通りにくい
正門側の上部には爆弾投下装置もあり、ここで待つと焼き払われる
ルートは2本とも狭い門に阻まれていて、有力な裏取りルートもなく、正面からぶつけて粉砕するしかない
ABCが比較的攻めやすい分だけ最後の本陣だけは防御側が有利



・アーロン砦
アーロン
Aは城門の目の前にあり、十中八九ガチガチに固められてるので正面突破は不可能
階段も狭くて折れ曲がっているので大量の兵をつぎ込むのは難しい
A側にある補給地点を少数で狙いに行って崩れてくれるのを祈る手もあるがそううまくいくもんじゃない
素直に正面から取りに行くのは困難なのでBを取ってから狙うのが基本
B側の補給地点を取ってから、A側の補給地点とCへ揺さぶりをかけていけばそこまで苦労せず落とすことができる

Bは城壁の上かつ目の前に櫓が到着する
攻めやすいと思いきや、櫓の封鎖とフラッグの防衛が同時に行えてしまうので一概にそうとも言えない
補給地点も近めで消耗戦になると攻め側が不利
守り側が調子に乗って固めまくっていたらこの時点で投石を使ってもいい
攻め側はA側の櫓とBの横にあるハシゴで挟撃していくといい

Cは他2つからやや離れたところにある
遠い分だけ警戒が薄くなりがちでABの陥落から裏取りで一気に取られることもありうる
周囲が広々としていて建物を壁にしながら裏に回ることもできるので守りにくい
本腰を入れて守るんじゃなくて時間を稼げればOK程度の認識で
逃げ遅れると味方に城門を閉められて逃げるに逃げれなくなることすらある

本陣は2ルートの両方に城門があり、C側は特に抜きにくい。門は手動で閉められるのでCが取られた時点で閉めること
城壁と建物で投石も通りにくく、補給地点が近いので削り合いになると攻め側はかなり厳しい
B側は比較的防御が薄めになりがちでこちらに部隊を回して突破しにいくのがセオリー。このとき本陣を取りに行くよりもリスポ~補給地点を封鎖した方が有効なときもある
周囲にハシゴもあるのでそこからの進軍も忘れずに
攻め側はC側の一点突破はまず成り立たないので浅く広くをどれだけ実戦していけるかになる
守り側としても本陣付近が広くて一度崩れると取り戻せないのでどれだけガッチリと固められるかが鍵になる



・オグリア
オグリア
Aは先端だけが飛び出た特徴的な場所にある
進入路の2ルートが隣接していて、周囲にはハシゴもないと地形だけ見れば守りやすい場所。入り口の横に槍兵を馬止めで待機させておくのが守り側の基本陣形
しかし、補給地点が非常に遠く、孤立無援に近しい状況に置かれている。一度兵団がやられて補充しにいくと長々と戦線に穴を開けてしまう
また、後ろの通路からハシゴで乗り込むこともできるので前ばかり見ているとここから乗り込まれることがある
攻め続けられるとどうしても兵数差が出てしまうので守りきるのではなくて如何に被害を抑えながら時間を稼げるかが焦点になる。持っていく兵団は量より質で長時間抑え込めるようにしたい
攻め側はカタパルトや大砲で直接A内部に打ち込むことができるので適度に減らしておくと良い。固執しすぎて弾切れまで兵器に張り付きっぱなしにならないように
ここを落としたあとに城門へ繋がる通路は2枚の門に加えてその上部には2個の爆弾投下機械があるので正面から突っ込んでもカモにされるだけ。Aを落としたあとは門から出て左右の櫓からBCDを狙いに行くべき

Bは城壁のすぐ前のやや広めの通路に位置する
他にもまして高台なので進入路はほぼ櫓に限られ、ハシゴから来ることはあまりない。一応普段は行かない奥側からハシゴで登ってくることはある
2個の櫓を抑え込めるかのシンプルな戦いになりがちであまり特筆した点はない
後ろのハシゴを登ったところには大砲があり、遠すぎて攻め側に壊されにくいので櫓一つは確実に壊せる。この大砲は櫓が取りつかれたあとの入り口にも撃ち込めるので入り口を固めながら撃ち続けるのもあり
Aにある大砲も含めて大砲の数が多く、距離も遠めで櫓が壊されやすい。攻め側は櫓の破壊は避けられないので通せるまで我慢の戦いになりやすい。Aへの意識が強い人が多いのかBが薄いことが結構あるので櫓1個通れば大兵力をぶっ込んで抜けることも
Bの左隣には壊せる城壁がある。ここを壊すと広い進入路が確保できるので櫓到着前に必ず壊しておくこと

Cは小さめの階段の踊り場
ハシゴを登ってから降りていくのと正門からのルートがある
正門側を押さえている間はハシゴだけ警戒すればいいので守るのは楽
逆にそちらが抜かれると前後両方を見ないといけないので難しくなる
DよりはCの方が取りやすいのでこちらが主戦場になりやすい

Dは城壁に近い広場
Cと同様に正門からのルートと城壁をグルッと回って補給地点の目の前に出るルートがある
裏を取るには狭い城壁を迂回して、眼前にある補給地点も落とさないといけないのでガラ空きでもないかぎり裏取りはつらい
ただ、こちらはBから近いのでそこを取った勢いのまま速攻をかければ取れる可能性はある
補給地点を取ってしまえばCよりは広々しているので物量で押し切ることができる
また、兵団は無理でも武将が城壁から落下してDにショートカットすることができる
CDは左右対称に近い配置で両方とも守備側の補給地点が近いので散発的な攻めだと簡単に凌がれてしまう

本陣は全マップでも一番広いんじゃないかと言うほどの大きい広場
当然投石は放り込み放題でリスポから繋がる道が一つなのでそこにも打ち込める
CDが両方落ちていると自然と左右からの挟撃の状態になるので一方だけを固めるわけにもいかない
実は正門前あたりからも小さなハシゴで広場に登ることができ、3点挟撃の形に持っていくことも可能
ここを守り切るのは無理と言い切れるほど攻め側有利。何とかして時間を稼ぐくらいしかできないので時間がたっぷりあったらもう負け確
これだけ広さがあって騎兵が動きやすい唯一とも言える場所なので攻め側なら持っていってもいいかも



・鉄鎖関
鉄鎖
Aは城門の真上
左右の櫓と城門から左右に上がる階段が進軍ルート
A付近はそれなりの広さがあり、階段やハシゴからも乗り込めるのでAを固めるよりもそれぞれの道を抑え込む攻防になりやすい
城門からAまで高さがあるので城門前がガチガチに固まってることはほぼない
守り側は城門前からハシゴを登ったところに右側の櫓の入り口に向けて火矢を打ち込める機械がある。ここは弓兵が安全に布陣できる場所でもあるので一人は弓兵を引き連れてここにいると良い
Aを意識しすぎると左右からそのまま補給地点に向かえるので取られやすい。かと言って攻め側が補給地点を取ってもAまでは遠く、Aを取らないとBCが開かないので攻める方もひたすら裏を取りに行けばいいわけではない

右側のBは魔の前に門と後ろに広場がある
その真上にある補給地点から階段で下になだれ込んでくる。眼前にある門は狭いのであまり激しい攻防になることはない
攻め側が高所を取っているので遠距離兵は攻め側が有利。Aで守り側が使っていた火矢機械のあるところがここでは攻め側で絶好の射撃ポジションになる
Bの手前が非常に広いのでここに無鉄砲に展開するとC側の補給地点から来た敵に挟まれてあっけなく崩壊する

左側のCは高い階段から続く直線先の広場
ルートが開けた一本道のみで守り側の補給地点が近いので一度布陣を固めてしまえば守り側がかなり有利
Aを取った流れの勢いでそのままCを取られるのがよくあるパターンなので無理そうなら自分だけでも下がって固めておきたい
実はB側補給地点から高台を通って補給地点の真後ろまで来れる。あまり使われないルートで警戒が緩いので油断しているとそちらからの大群で補給地点を取られる
長い階段下から補給地点までジャンプで飛び越えて少しだけショートカットできるので補給地点がガラガラだと武将単騎で取りに来られることも

本陣は左側と下側の2ルートの封鎖戦になる
補給地点はC側のものを使うことが大半でルートが1本しかないB側に大群が布陣することはほぼない
本陣付近が広々としており、左を固めると下が、下を固めると左が、それぞれ突破したときに裏を取る形になるので投石から突撃で崩されると取り戻すのは困難
攻める方は左と下の両方にバランス良く展開して同時攻撃するのが求められる


スポンサードリンク