三國志14が出るらしい→それなら三國志9をやればいいじゃない!
と言うことで始めた三國志9
さすがに2003年の作品だけあって古さは感じるけど結構おもしろい。少なくとも13よりは楽しめてる
14は9や11の系譜と何かで見たけれどどうなるんだろうかね。何にせよ有料ベータテスターは嫌なので無印は買わんだろうけど


●良いところや特徴的な部分
・戦闘
戦略コマンド中に行き先を指示して近づいたら完全オートで戦う
必殺技に相当する兵法の発動が能力の高低以上に重要。兵が多くても兵法がないと火力が出ず、兵が少なすぎると有能武将でも1発で壊滅したりする
陣形や連携によって兵法の出やすさが変わるので同系統の兵法持ちで固めたり、多少弱い武将でも兵法の数合わせとするなどの役目が出てくる
諜略がお手軽かつ効果が高いので盤外戦も激しい。知力が低いと一時的な撤退に追い込まれる偽報で延々と足止めすることもできる
進軍や戦闘が長引くと士気が落ちてまともに戦闘ができなくなるのでただ長引かせるだけでも戦況が変わってくる
オート戦闘とは言え広大な領土になると兵の輸送や士気の上昇に時間がかかるようになるので兵数に任せて突撃するだけでは限界が来る
逐一の指示はできないので先を読む必要があり、プレイヤーが介入できる要素が少ないのでなかなかにシビアだったりする

・内政
収入や収穫に関わる数字を上げていくだけの非常にシンプルなもの
都市発展によって直接的に戦闘を有利するものはないので、純粋に戦争に向けて兵や兵糧を蓄えるものになっている
とは言えほとんどの行動で金を使うので特に中盤までは内政の充実は急務
かと言って内政に秀でた武将は知力も高めで頭脳要員として前線に置いておきたいときもあるので後方の都市だけ集中的に発展させて財政を余裕を持たせるのもやりにくい
ある程度まで発展すると能力の大小で上がり幅の差が減ってくるので集中して上げたいところは数を集めて人海戦術を取る必要がある
兵を集めたあとの輸送にも結構な時間がかかるので末端の都市でかき集めた兵を片っ端から最前線に送ると言うのも非現実的
逆に武将だけを移動させるのはかなり早い。無能武将でも兵の輸送要員であちらこちらに飛び回ったり、前線に兵だけ溜めておいて必要なときだけ有能武将を呼び寄せるなどできる


●悪いところや気になったところ
・建設
上位の施設は完成までにかかる時間が長く、CPUは建設に反応して兵を出してくるのでロクに施設を作ることすらできない
防衛線を敷こうとしたら兵を出されて戦争に突入して外交悪化するので事前に防衛線を敷くことに使えない
せいぜい遠くに進軍するときに士気が減らないように途中で休憩ようの陣を作る程度しかない
CPUが建設をすることも滅多に無く、施設を巡る攻防が起きることも稀
チュートリアルでは重要コマンドのように語られるがコマンドそのものが空気

・外交
友好を上げると攻められにくくなるが、時間が経つと勝手に下がっていくうえに同盟がないのでどんなに上げても攻められるときは攻められる
友好を上げる手段が貢ぐしかなく、物資の厳しい序盤は友好を上げること自体が実質不可能
勢力拡大してくると友好を上げるまでもなく倒せばいいだけなので建設と並んで空気コマンドになっている

・弱小勢力が無理ゲー
序盤の金のやりくりが半端なくキツイ。武将が金を求めて毎ターン探索(本来は武将や宝を探すコマンドだがたまに金も拾える)をし続けるとか乞食か!
戦闘がオートゆえに劣勢を跳ね返す手段がない。複数部隊で攻められるとどれかを抑えこんでも他の部隊に攻め込まれるだけなのでどうあがいても無理不利だからと籠城しても都市に張り付かれたら内政がズタボロになる。何ターンもかけて上げた分が1ターンで無に帰すので内政をすることすら馬鹿馬鹿しくなる
忠誠を上げる手段が金を渡すくらいしかない。武将に渡す金など一ミリもないので忠誠が低い奴は遅かれ早かれ引き抜かれる
何もしなくても周囲のデカい勢力が焼討や奪取で自軍を弱体化させてくる。もちろんこちらにやり返す余力はない
などの理由で都市数の少ない弱小勢力はどうあがいても序盤で死ぬ
武将が優秀な魏や蜀でさえ都市一つで開始だとどうしようもない

・異民族がおかしい
端の4箇所に存在するどこにも属さない勢力
初期から兵数が30万以上(他勢力はデカくてもせいぜい3~4万)、武将は5人しかいないものの統率武勇が80近くあって歩兵系最強兵法持ちと全員超一線級、武将の引き抜きや捕縛が不可能で弱体化も見込めないとぶっ壊れた強さ
知力が低いので調略を使えば対処はできなくないがそれでも相当な戦力を割かないといけないことに違いはない
これだけなら有利になりがちな端の勢力に対するハンデと捉えられなくないが問題なのはプレイヤーにはガンガン攻め込んでくるのにCPUにはほとんど攻め込まないという点。プレイヤー側だけが一方的な不利を背負わされることになっていて不愉快極まりない
邪道になるが異民族も編集機能で弄ることができるので武将や兵数を弱くしてさっさと滅亡させてしまった方が気持ちよくプレイできて吉


●総評
やることは内政上げて攻め込むだけながらもシンプルさゆえに中毒性がある
戦線が拡大するにつれて兵の輸送や配置も考えないといけないのでゴリ押し一辺倒にもなりにくく、無能武将にもしっかりとした役目がある
ただ、裏を返せば戦うことしかやることがないので歴史シミュレーションとしては物足りないか
歴史イベントどころか天災や一揆などのイベントもないので全体的に平坦なプレイにもなりがち

スポンサードリンク