img_information
創造立志伝合戦攻略編。
まだそこまでやりこんでないのでとりあえず暫定版。
まぁ基本的な動かし方はPKと変わらないのでやっててそんな難しく感じることはないはず。


・戦法
ゲージ式から時間式に変更。
これによって戦法同士の組み合わせをしやすくなった
その代わり強いものは再発動までが遅い。
穿ち抜けなどの乱戦超強化系はだいぶ弱体化したように感じる。
攻城戦の存在もあって乱戦系そのものがわりと使いどころを選ぶようになった。

●武将視点
動かせるようになるのが自分の部隊だけになり、陣形の変更や突撃斉射などの戦術コマンドが使用可能になる。他の部隊は自動で動くようになる。
武将視点ができるのは主人公のみ。いない戦場だと移行すらできない。
基本的に他の戦況を見なくてもいいときはこちらを使った方が戦果は上がる。
どちらか一方じゃなくて戦況によって柔軟に切り替えていきたい。

・陣形
変更すると戦術が変わる。
各陣形によって出やすい戦術が変わり、陣形変更時点で使用可能な戦術は即他のものに入れ替わる。
変更後少しの間移動速度は下がるが陣形によって部隊の強さそのものは変わることはない模様。
陣形変更と言うと会敵する前にするものと言う感じがしてしまうがむしろ戦闘中に戦術を入れ替えるためにするためのもの。

・戦術
武将視点固有の戦法のようなもの。戦法と同じく時間で回復していく。
突撃斉射は今までのシリーズと同様でダメージを増やすもの。
そして突撃斉射の攻撃系に対して○○固めの防御系を合わせると攻撃系は止まるのが今までとの違い。
防御系の方が再使用までの時間が短いのでその分有利になれる。
また、格付け(星マーク)が相手より高いと同系統を無効化できる。
戦術見て印が表示されていたら無効化できるものだと思われる。

まず相手の動きを待って、戦術を発動したらそれに対応した固めで抑えるのが基本。
なかったら陣形変更で目当てのものを引き当てる。
明らかに相手が弱い場合は何も考えずに突撃斉射をしていればすぐ終わったりする。
備に鉄砲と騎馬を配置すると突撃斉射の効果が上がるので城が育ってきたらどちらかに特化するといいかも。

バグか何かわからんけど、武将視点でやっていると勝手に変な方向へ振り向く動きをすることがある。
その場合通常視点に戻して即武将視点に戻すと相手に向き直ってくれる。


●攻城戦
城前で合戦をすると攻城戦になる。
城の場所によって山城と平城があって、山城の方が進軍ルートが少ないので落としづらい。
城の改修によっても違い、小田原城のような総構えだと画面全体が城のごとく広大な広さになる。
城の耐久は門と連動しているので本丸まで入られたとしてもどこか壊されていない門が残っていれば全体マップで見た耐久値はある程度残ることになる。

城には設備があって防御側はそれを使うと有利になれる。
櫓・門・銃眼などの施設は近くに部隊がいると使用状態になって効果が上がる。
使用状態になっている施設には星マークが付くのでそれで判断。
特に門はいるかいないかで破られやすさが大違いなので攻める側は部隊のいない門から攻める、守る側は来そうな門に張り付くのがセオリー。

門:敵の侵攻を防ぎつつ反撃する。門に対する攻撃は部隊の強さの影響があまりないようで耐久の高い城だと数千の兵を数百の兵で止められる。櫓や銃眼は門の耐久に連動しているので門が壊されると壊れる。
櫓:円範囲を攻撃。確実な戦力になるが門から少し離れているところに設置されていることが多い。
銃眼:櫓と違って直線のみの攻撃。射線が動かないので門前に大きい部隊がいるときに少し当たる程度。その代わり中から部隊の攻撃が通る。でも相手からの攻撃も通る?

・特殊
特定の特性を持っている武将がいると合戦時に使えるようになるコマンド。
設置にはある程度時間がかかる。

土龍攻め:堀があろうが崖があろうがお構いなしに城の中にワープする戦国マジック。城の形によっては門2枚分抜いて中に入ることも可能だがさすがに本丸まで一気に飛び込むことはできない。門を無効化して入り込めるので城攻めで非常に便利だが、調子に乗って中深くまで飛び込むと敵と門に挟まれて逆にピンチになる。
大筒:遠距離から撃ち込める大砲を設置。門を安全な距離から瞬く間に破壊してくれるので城攻めには心強い。門1枚を確実に壊せるって意味では土龍攻めと相互互換と言える。兵に対してはイマイチ効果がわからない。
井楼:
馬防柵:

・強制出陣包囲
今回は城を包囲した状態だと敵が部隊を出していなくても合戦を始められる。
どんなに城の兵数が少なくても城にいる武将それぞれに兵が配置されて強制的に出陣させられる。
そして城の兵数が少ない状態でそれらを全滅させると城の兵数がゼロになり、その状態で合戦キャンセルして包囲すると城の兵数が0になっているので即落城する。
敵兵をすべて倒さなきゃいけないので落城を簡単にするわけではないが、耐久を残して落とせるのでその後の立て直しが楽になる。

スポンサードリンク