destiny
ベータやった感じでは買うかどうか微妙なところだったが、周辺にやりたいソフトがないのと成長要素が重要なゲームなのでベータだけではおもしろさは判断できないだろうということで購入
結構大作みたいだけど据え置き終了国の日本ではこっちよりもスマブラだろうけどな!

●良いところ
・なかなかのやりごたえはある
最初は簡単だがいくらか進むと攻撃が激しくなって一筋縄ではいかなくなる
特に複数人で行くことになるステージは敵が相当硬くボスも一撃で殺されるくらいなので油断ならない

・RPG要素
RPGらしくレアな装備はかなり性能が高いのでそれが手に入ると嬉しい
手に入れる装備によって各々装備が違うのでFPSにありがちな鉄板装備で固めたようなプレイヤーはいない
対人戦でもストーリーで使える装備が貰えるのも作業的になりがちなストーリーの息抜きにできるのが良い

●悪いところ
・ロードが長い
マップに入ってからはシームレスなのでプレイ中は気にならないのだが、頻繁かつ短時間立ち寄るタワーに行くのに1分ほどの長いロードが入るのが大問題
ロードとは違うが装備やアイテムの情報を見るとき読み込みが入るせいで装備の比較や変更などがスムーズにできない

・クラスによる差がほとんどない
最初に3種類のクラスを選ばせるわりにどのクラスでもやっていることに大差がない
せいぜいグレネードやスーパーの動作が変わる程度で動きや戦術がガラリと変わるようなものがなく、結局どれ選んでも基本撃つだけの同じ戦い方になる
やりこんで全スキルを開放すればそうでもないのかもしれないがそこまで行くにはかなりの時間が必要

・マッチングシステムが貧弱
同じステージをやっている人を探して誘うのが面倒すぎるせいで野良で協力ができることはまずないと言っていい
野良でやるとしたら一部のマルチ強制のマップ以外は成り立たない
ついでに難易度ノーマルならどのステージも一人で十分クリアできるので無理にやる必要がないのもある

・対人がつまらない
ただの占領戦やTDMなど普通のFPSと同じようなルールしかないのでオリジナリティがなくつまらない
FPS部分に独創的なシステムがあるわけでもないので、レベル差無効なのもあって本当にただの凡庸なFPSにしかなっていない(レベルはバランス調整としては当然ではあるが)

・ストーリーが意味不明
何をしているのか目的がわからず、そもそも死んでたこいつはなぜ生き返ったのか?と言う部分が不明
「暗黒」と言う言葉を始めとして専門用語もわかりづらい

・説明書が薄すぎるのにゲーム内説明書すらない

●総評
MMORPGとFPSの融合のような面白い部分はあるが結局やることは案内通りに進んで最後に待つボスを倒すだけ
やってることはステージをクリアして武器や装備が手に入れてそれを付けて次に進んで~の繰り返し
クリアまで15時間ほどはかかるのでボリューム自体は結構あるのだが、カンストがLv20と早く、それ以降は装備品に依存するので成長を楽しむと言うより装備発掘ゲーになる
そしてキャラ強化も似たようなマップで似たような敵を延々と倒し続けるしかなく、それに気づいた時点でゲームクリアと言ってもいいほど単調な作業ゲーになる
マップはそこそこ広くてオープンワールド的な要素があるかと思いきや、探索しても宝は滅多に落ちてないし、クエスト的なものを受けても○○を倒せor○○に向かえの二択かつしょぼい報酬しかないので探索するメリットが皆無
戦闘も大半は撃って隠れての繰り返しでちょっと近接が強い普通のFPSって感じ
SF的な部分が強い内容なんだからもっと派手なスキルがあったりしてもよかったと思うんだけど
本当に「FPSの中にRPG要素を組み込んでみただけ」ってゲームなので情報だけで独創的なゲームを期待するのはかなり危険
単調なゲーム性なのもあって楽しめるのはフレンドと一緒にワイワイとプレイできる人だけ
ソロプレイヤーはマッチングシステムがクソで気軽にマルチを楽しむことすらできないので、ただ出来の悪いシングルと突っ走っていくだけのクソゲーと言っても過言ではない
致命的なバグや無駄なシステムによるマイナス要素はないおかげでクリアまではギリギリ遊べるレベル

適当評価:☆☆
スポンサードリンク