信長の野望・大志 ~本願寺顕如の野望~

信長大志 本願寺家 プレイ記
アプデ後はまともに触っていなかったのでかなり久々のプレイ
ってか久々なのになんで城一つのところなんで選んだんだろう……


志は一向一揆と寺領保護
やっぱり寺絡みのものが多い
寺があると兵数増えるって結構良いんじゃね?と思ったら初期城の周囲に寺のある場所がまったくないと言う……
その他も効果は大したことないけど領土拡大していけば勝手に条件を満たせるので開放までは楽そう
ってか人口12万の条件があるけど、そこまで城取ったらもう大勢が決しているような気がする
DWdG3LBVAAEhjPR
DWdG22MVQAETchZ



実は序盤は記事にするつもりがなかったのでスクショを取ってなかったのでダイジェストで
まぁ城一つしかない状態ではやることがほとんどないので……

↓最初は豊臣にボコされるも、その間にお隣の松永久秀が豊臣に攻め込んでくれたおかげで助かった
DWdHj4EVwAI7iF5
その後、海を跨いだ三好にも攻め込まれて包囲されるも講和を持ちかけたらタダで許してくれた。ありがたや~
アプデ前だったらこうはいかんかったので優しくなったなぁ


とてもじゃないがこちらから攻め込めないと悟ったので専守防衛に徹することに
費用は高いけど城が固いとCPUは攻め込んできにくくなるので多少は効果あるだろう。ってか守り目的で城を改修したのは大志で初めてかもしれない
DWdHgXnVAAETXMX

回りがドンパチやってる中で静かにしてると兵貸してくれとか言われる
周囲が戦争しまくってて疲弊してるし、攻め込まれることはないだろうと見てお小遣い稼ぎで貸し出すことに
DWdHfKDUMAApk9L



近畿周辺は高密度で城が乱立してるのでどこも攻めきれず膠着気味に
その間にさらに改修して耐久Aにして徹底防戦の構え
複数の国と同盟も組んで攻勢までの下地を作る
DWdHVLZUMAIa99N
DWdHZt-VAAAaTX0



収穫後、ついに西の柳生が松永に攻め込む
松永の城が落とされたのでそこに横槍入れて奪いに行く
本願寺家、初のまともな決戦に挑む。久々の決戦で操作が怪しかったが勝利
そのまま城を落としにいく……ところで柳生から講和申し込み
米24500もくれるらしいので城と天秤にかけて悩ましいところだが承諾
DWdHQi0VoAAxfGl
DWdHL_1VwAEG455
DWdHLtwVwAAjhEM



翌年に豊臣が城一つになった松永に攻め込む
さすがに久秀でもどうしようもなく、敗北して松永滅亡
領土拡大のチャンスと見て、豊臣が松永から奪った城を体制が整う前に攻撃
決戦では数も質も劣っていたが、挑発して引き付けた秀吉を囲んでボコして何とか勝利
ついに城一つ状態から脱却する(築城した城はあったけど)
DWdG-djU8AIl_p5
DWdG9sbUQAA3Ho1
DWdG9PMUQAA3Xxh


今回はここまで
城一つの期間が長くて、日数はわりと経ってるのに大したことをしてなかったりする
守りを固めて同盟組みまくれば城一つでも意外に長生きできるんだなぁとは思った

懐ゲープレイ記 「ヒットマン ブラッドマネー」A New Life

だいぶ昔に買ったヒットマン ブラッドマネーを唐突にプレイ
せっかくやったのでプレイ記と言うことで書き残しておこうと思う
なんとなーくsteamを覗いていたらライブラリに並んでたこれが目に入って久しぶりに触りたくなってしまった
購入履歴を見ると2013年1月6日に2.5ドルで買ってたらしい。もっと前のような気がするけど買ったときの記憶がなさすぎる
セールで安くてとりあえず買ったけど、少しだけやってそれっきり起動すらしてなかったんだよなぁ
steamは日本語に対応してなくてそれで何やるかわからなくて諦めた気がする


ステージは5面のA New Life
いきなり序盤でも終盤でもない中途半端なところなのはまともにスクショ取ってるのがここしかなかったと言う理由なわけです
目的は家の中にいるターゲットの殺害と証拠品のマイクロチップの回収
スタート後はまず潜入用の変装を探す
家に出入りしてるゴミ収集員がいたのでとりあえず絞め落として服を回収
死体はゴミ収集車に放り込めるようで投げ込んだら綺麗さっぱりなくなった……ミンチになってしまったらしい
とりあえず服は手に入れたがこれでは家の中には入れないことが判明
裏手から回り込んで地下室のようなところで孤立してたVIPをピストルで撃ち殺してスーツをパクる
hreghusuiuhsi


これで家を自由に動けるようになったのでまずは回収を命じられてるマイクロチップを探す
が、家中を探してもそれらしい物が見つからない……
諦めて攻略見たら妻へのプレゼントとして装飾品を送ってるらしい。どこにそんな情報あったんだ……
探してみるとそれっぽい女が外のプール近くを歩いていたので落として殺害。案の定チップを持ってたので没収
iogjesiogjrs

ブツを手に入れたところでターゲットの殺害に移る
うろうろはしているが、常に身辺警護が付いているのでこっそり後ろからは難しそうな様子
さてどうしたものかと様子を見てたらリビングでテレビを視聴中
試しに外にある配電盤を壊して部屋の電源を落としたら身辺警護が直しに来てターゲットが一人きりになる
今なら行けるんじゃね?と思って部屋に入って絞め落としたら特に障害もなくあっさりフィニッシュ
jngoisjieg

そのまま出口まで向かって脱出して終了
苦戦するかと思ったら想像以上にあっさり終わってしまった……


文面だけ見るとあっさりしてるけど、実際には色々試行錯誤しているのでこれでも1時間くらいかかってるのよね。まぁこのステージはサクッと行き過ぎた感があるけど
暗殺にこだわると時間はかかるけど、お前暗殺者じゃねえだろ!ってくらい強引に殺せたりもするのでそういう抜け道のような手段を取れば楽々終わる自由度がおもしろいところ
発売が2006年らしいけど今やっても良く出来てるなぁと思う
知らなかったけどシリーズ最新作が2016年にPS4で出てたらしいので気が向いたらその内買ってみようかな。その前にブラッドマネーを諦めずにクリアせねばいかん

リディー&スールのアトリエ キャラ解説とか戦闘攻略

リディスー戦闘攻略
今回はヌルかったなー。苦戦したのはファルギオスくらい。それもそこまでが余裕すぎて装備やアイテムを揃えてなかっただけという
終盤でも強い敵はいないけどダルい。テルミナ&パルミナとかHP多すぎ耐性多すぎ。まぁアトリエっていつもそんな感じな気はする
アプデでLv50以降が追加されてスキルも増えたけどあくまで追加要素と言うことでそれは考慮せず。ってかLv70までしか行ってないのでスキル全部覚えてない


●キャラごと解説
・リディー
スキルは1つ以外はすべて補助系の非力な連携術士タイプ
アイテムはすべて使えるので基本的に攻撃はアイテム任せで手持ち無沙汰なときに補助を使う程度

フォローもすべて回復絡み
スキルを使うor攻撃を食らうだけで発動するので特に意識しなくてもゲージは溜まっていく
回復量は少ないが減ったところを確実に回復してくれるので無駄になることはない
バトルミックスの発動条件もやはり回復
バトルミックスと発動条件が被っているフォローがあるのでどちらか一つしか発動させられない
分裂発動等の複数回発動する回復アイテムでも条件を満たせるのでそれらの回復を連発することでバトルミックス砲台になれる
ただし分裂発動で発動するには自身を対象に含まないといけないのでバトルミックスを連続で使いたいならHP回復が無駄になるとわかっていても自分自身に使わないといけない
そよ風のアロマ等の全体回復or凍てつく美味しさを付けた全体補助系ならば味方も回復しつつ条件を満たせる
後衛のときは回復アイテムさえ使えれば全条件が満たせるので概ねどのキャラとも合う


・スール
錬金術士でありながら攻撃アイテム+αしか使えない脳筋キャラ
スキルは単体攻撃特化。ウェイトが短くて自身の速度も早いので手数が多い
低燃費で通常攻撃代わりに使えるクイックトリガー、防御減のあるスペシャルリロード、素早さに特化すればスウィフトバレッジもかなりの高火力

フォローもスキルを条件とした単体攻撃が主
攻撃スキルを使うだけで2つ、ブレイクすれば3つor4つ発動するので能動的にゲージを溜めやすい
バトルミックスだけは攻撃アイテムが発動条件になる
アイテム中心ならバトルミックス、スキル中心ならフォローが発動するので攻撃してる間なら無駄になる場面はない
使えないアイテムが多いのでパートナーにはやや困る
マティアスだと物理メインなのでフォローで援護しやすいが攻撃アイテムが使えないのでバトルミックスは完全に捨てることになる
攻撃アイテムさえ使えれば全条件が満たせるフィリスが良い
回復ができないので残念ながらリディーとの相性はよろしくない


・マティアス
HPが高く、イベントで言われるように壁を務める
唯一の一般人なので使用アイテムは回復系のみ
スキルは横範囲のテンプルスライド、縦範囲のクルセイドチャージを持つので複数攻撃には困らない
クルセイドの方が少しウェイトが短いので単体相手にはこちらを
敵の攻撃を引きつけるアクセルガードは双子以外を前に出しているときは特に重要度が高い
発動中は被ダメと同量のMP回復も発生するのでMP切れとは無縁
ビーストモードは攻撃倍で防御ゼロとリスクは高いがそれに見合った攻撃上昇がある。自動発動の回復アイテムが揃えば積極的に使っていける
攻撃がスキル任せでタゲも集中しやすいので攻防の上がる良い装備を優先的に着けると良い

フォローは補助系オンリーかつ発動条件が後ろ向きなものが多い
弱点さえ突ければ全フォローの条件が満たせるので後衛に置く場合はあまり相性を考える必要はない
逆に弱点がない敵が相手だと能動的な発動ができないので空気になる


・フィリス
スキルは範囲攻撃が豊富
敵の数や大小を参照する技が多いがイマイチ攻撃力の増減が感じられないので複数なら全体攻撃のルチルダンバー、単体ならプリズムシューター使ってればいい
アイテムもすべて使用可能なので攻撃手段には困らない

フォローは戦闘中1回限定の各種属性攻撃
1回しか使えないだけあって高火力かつ属性が複数あるアイテムなら1発で2つ3つのフォローを発動させることもできる
特性のふたつの力は付けるだけで2つ、アイテムそのものの属性も含めれば大抵は3つを発動できるようになるので相性抜群
パッシブにフォロー&属性攻撃を上げるものもあるので中盤辺りならアイテム1発で雑魚を粉砕できる
長期戦には向かないのでフォローを使ったら前に出るようにするといい


・アルト
新パラメーターの装備効力を参照するスキルが揃う
スキルは装備効力の追加ダメが入る属性攻撃と装備効力上昇
硝子の契約はHPを1だけ残して使い切って装備効力を約1.5倍に大きく上昇させる
1発くらえば死亡のオワタ式で危険に見えるが、敵の行動直後など攻撃されないタイミングで使えばすぐに回復アイテムで立て直せるので実は結構安全
属性によって弱点は突きやすいものの小ダメージ止まりなので火力は控えめ。そもそも属性攻撃は出番をアイテムに取られがち
しかし終盤になって装備効力に特化した装備が揃うと超火力アタッカーに変貌する。効力依存と言う特殊なダメージだからか抵抗でも減らされづらい
……が、フォローの方が火力が出るので前衛に出ることはほとんどない

フォローも装備効力比例ダメと上昇
前衛スキルから属性を抜いたようなもので弱点は突きにくいが軽減もされづらい
こちらも装備効力に比例してダメが上がり、全体攻撃スキルを使うだけで2つ発動するので凄まじい火力が出る
全体攻撃スキルを持つのはソフィーとフィリスだけなのでフォローを最大限に活かしたいならこの二人との組み合わせになる
全体攻撃は持ってないが、物理特化&自前で防御を上げることが多い&コンビもあるマティアスは自然と発動機会が増えるので相性は良い
虚無の鎮魂歌はブレイク時確率発動と言う条件の厳しさのわりにやけに威力が低いので忘れていい


・ソフィー
今までと違ってスキルもフォローも何かしら状態異常が付いているデバフキャラに
スキルは火力は低いがノックバック、全体スロウ、能力低下、レベル低下と満遍なく揃っている
全アイテム使用可能でアイテムの火力増&ウェイト減のパッシブがあるのでアイテム戦法への適正は一番高い

フォローは道具のカテゴリを参照して発動する毒メインの状態異常
ボス相手では状態異常が効かないこともあるが、ブレイク増加の効果もあるので無駄になることはない。むしろブレイク溜めることの方がメイン
不思議なカプセル・流転の秘薬はダメージはないが、ブレイクさせた相手に使ってもブレイク解除されず確実にブレイクさせたまま他キャラにターンを回すことができる
適当なアイテムを使ってるだけでも発動するが、カテゴリが複数&火属性があるものだと3つの条件を満たすことが可能
火属性はソフィーとも相性の良い特性ふたつの力で付けることができる。道具単体でも地球儀なら素の状態で3つ条件を満たせる
リディーのバトルミックスと同じく回復系ならば分裂発動でも条件を満たせる。3回発動&エリキシルで百花繚乱が発動する可能性もある再生の雨露はフォロー目的だけで使ってもいいくらい好相性


●組み合わせ
・リディー/ソフィー スール/マティアス フィリス/アルト
リディーは回復や補助をメインのアイテム全般。フォローでブレイクも溜めていく
スールは能力低下の攻撃アイテムでデバフ。マティアスは無職と言う名の空気
フィリスはスキル連打でアルトのフォローで火力。サポートガードも多用するので防御重視の装備を

・ソフィー/リディー フィリス/スール マティアス/アルト
双子を後衛に置いてバトルミックス重視
全員コンビネーションも発動可能でサポートガードが使えないことを除けばバランスは良い

・リディー/スール フィリス/ソフィー マティアス/アルト
仲の良さ?重視の若干ネタ気味コンビ
スールを前に出したときのフォローがしにくいこと以外はそんな悪いわけではない
熱血双子全力アタックを見たいときにでも


●オススメアイテム
ドナークリスタル:分裂2回ノックバック
ルフトアイゼン:効力ダウン・強化除去
N/A:耐性減・ダメ上昇・Lvダウン
暗黒水:ノーダメブレイク蓄積
ピュアアロマ:攻防ダウン
酸の霧雲:強化除去・攻速ダウン
英雄降ろし:効力アップ・ウェイト削減
精霊織りの帳:素早さアップ・回避アップ
そよ風のアロマ:分裂1回全体回復
再生の雨露:分裂3回回復
神秘の霊薬:自動発動回復

とりあえずドナークリスタル投げて遅らせてからデバフ系で弱体化してあとは適当に殴ってたりアイテム投げてれば終わるはず。ってかそれしかない
バトルミックスはコンカッションカノンかブリザードウェブをばら撒くだけで結局まともな使い道が思い浮かばなかった……

メタルギア サヴァイヴ ベータテストの感想 メタギアではないがハクスラゲーとしては遊べる

DT-LM0UUQAAW9FG
メタルギア サヴァイヴ ベータテストの感想
開催期間は1/18~21で抽選ではなく誰でも参加可能なオープンベータだった


ベータでプレイできたのはマルチプレイのサルベージミッションだけでシングルはなし
ルールはエネルギーを採掘する施設を4人のプレイヤーで守りきると言うもの
敵の出現は約3分程度のウェーブに分かれていて、それを食い止めるためにバリケードやトラップなどの施設を行うと言うタワーディフェンスに近いシステム
終了するとランクに応じた報酬が貰えるのでそれを使って装備やスキルを強化して~と言うハクスラ要素も兼ね備えている
ちなみにベータでのレベル限界は20。初期が10でポイントの溜まりも早いので2~3時間もやればいける

各種アイテムは持ち込む他にも現地で素材を拾ってのクラフトも可能
ウェーブ間には多少の時間があるので素材を集めたり、クラフトして防御を固めることができる
だが、時間が3分しかなくマップの隅々を探し回ることはできない
素材回収に時間をかけすぎるとクラフトする時間がない、クラフトして陣地を強化してると素材が足りず……となるのでその辺りを考える必要がでてくる

敵は数が多くて攻撃力も高いので3体くらいに囲まれただけで死ねる
少し攻撃されただけで怪我による能力低下が発生してしまうので攻撃されずに倒すことが求められる
よって必然的に防御施設と各プレイヤーの連携で押しとどめると言う戦い方が主になってくる
↓槍はバリケード越しに攻撃しやすいので特に使ってる人が多い武器。槍でチクチクしてるとメタギアってなんだっけって思えてくる
DT-LkvCV4AEU2bk

↓メタギアらしいバルーンもある。あんま使ってる人は見かけなかったけど……
DT-LMNFVwAE4zaT

↓わかりにくいけどウォーカーギア。ワラワラ出てくる奴らをなぎ倒せるのはギア乗ってるときくらいなもの
DT-LLuHX4AAkHft


気になった部分としては
・ヌルゲー
敵が事前に告知される決まったルートから直線的に突っ込んでくるだけなのでルート上に適当な防衛施設を置くだけで余裕で食い止められる
敵の種類も3種類程度しかおらず、行動パターンも少ないので動きに慣れればにハメるのも容易
むしろボマーと言う自爆して防衛施設を破壊する敵がいるので湧く位置まで打って出た方が食い止めやすい始末。目的が防衛なのに何かがおかしい
ベータの難易度なら2人が適正と感じるくらいの低難易度。しかし人数が4人固定なので人数縛りもできない
ベータではCOOPがヌルゲーすぎてだったので最終的にはソロでどこまで行けるかって腕試しをしてた
さすがに一人だとすべてがカツカツなのでかなりの高難易度。試行錯誤が必要なのでCOOPよりよっぽどおもしろい

・ステルス要素が皆無
一応背後からのステルスキルは存在し、それを特定の敵に行うと物資が手に入るって要素はある
だが、ウェーブ感の時間が短いので悠長に背中に回り込んだり隠れてやりすごしたりする余裕がない

・アイテム作成が遅い
洋ゲーによくある決定ボタンをある程度押し続けるとリングのゲージが溜まって確定されるタイプなのだが、これがクラフト1個ごとにかかるので時間がかかる
普通のものはせいぜい2~10個程度しか持ち運べないのでそこまで問題ではないのだが、弾薬系だけは単位が細かいので話が別
特にアサルトライフルは作成単位が2発なので作るのすらアホらしくなる

・マッチング関連
難易度ノーマルに2つのマップがあるがマッチングすると自動で決まってしまうのでやりたいマップを選べない。ついでに人数もかならず4人で固定
ベータではその2つしかなかったのでそこまで問題ではなかったが製品版で多数のマップがあってこれはマズイのでは
試してないけどフレンドと事前に組んでから行く場合は選べるのかも



・敵のワラワラ感とそれを皆で押しとどめる謎の一体感
・ただ戦うだけじゃなくてクラフトと素材回収も考えなきゃいけない忙しさ
・メタギアの操作で大量の敵と戦うと言うどう見ても合ってない不自由さ
この辺りが噛み合って微妙なおもしろさを醸し出してる
ただ、メタギアとして見ればどう考えても間違ってるので反発は必至だろうね。メタギアの皮を被った何かと割り切ってやるべきシロモノ
他ゲーで言うとリベレーションのレイドがイメージに近いかな。それみたいなハクスラアクションが好きなら合うと思う

値段が5000円と安いから買ってもいいかなと思うけど、逆に安すぎる気がしてちょっと怖い
ベータでシングルがないのも内容不足すぎてプレイさせられないからではと勘ぐってしまう
マルチも内容このまんまでマップ数やアイテム増えただけとかありえそう

リディー&スールのアトリエ 評価&レビュー:シンプルさを取り戻したアトリエに

9c7db3f5b4f7f265447c1a3cbcb4d637_tb
リディー&スールのアトリエ レビュー
なんだかんだでここ数年は毎年買い続けてるアトリエシリーズ
大当たりはなくとも大外れもなくて安定してるので心配せずに買える作品の一つにはなってる
まぁその分マンネリ感があるのも否めないが


●基本情報
公式サイト:https://www.gamecity.ne.jp/atelier/lydie/index.html
発売日:2017-12-21
メーカー:コーエーテクモ(ガスト)
機種:PS4
売り上げ本数:21129(4gamer調べ
投稿時のプレイ時間:40時間くらい


●良いところや特徴的な部分
・W主人公
双子主人公のリディーとスール
冒頭から常に一緒に行動し、アトリエでいつでもキャラチェンジ可能
主人公によって物語やイベントが変わることはないが、使えるアイテムなどでキャラ差が出ることもないのでキャラゲーとしてはむしろ良い方向と思える
今まで選択制でも最初に選んで固定なわりにイベントが大差なかったりするのであんま選択制の意味がなかったりしたし


・戦闘
久々の交代制を採用。不思議シリーズは交代なしが2作続いて二軍キャラが多くなりがちだったので嬉しい
メンバーは6人で固定だが、ソフィーは状態異常特化、フィリスは武器が弓に、スールは錬金術士なのにコテコテの物理アタッカーだったりでしっかりと個性はある
後衛は交代する以外では特定の条件のときに発動するサポートスキルによる支援のみ
サポートには各々の発動条件が必要でこれを満たすキャラの組み合わせを考えるのがおもしろさの一つとなっている
サポートアタックでボコボコに殴りまくったり
、前衛と交代をアグレッシブに変えていくものではないので交代と非交代制の折衷ってところ

戦闘システムでは戦闘中に簡易調合を行うバトルミックスが特徴的
今までは持ち帰るだけだった素材が戦闘中限定ではあるがアイテムに変えられるので現地調達と言う要素ができた


・キャラ&ストーリー
性格が真逆の双子姉妹を始めとして、天才を通り越してチートみたいになってるソフィー、旅を通じて成長したフィリス、人形から本物が戻ってきたコルネリア、ロジーを押しのけて鍛冶屋に返り咲いたハゲルさん、と魅力あるキャラが揃う
プラフタ・フリッツ・コルネリア等の今までの総まとめ的なイベントがあるキャラも多く、ガバガバだった黄昏と違ってシリーズ最終作としてしっかり締めくくっている
また、メンバーが固定なおかげでパーティメンバー全員が本筋のストーリーにしっかりと絡んでくれるのもプラス要素
基本的にアトリエシリーズはメインキャラと一部の重要キャラ以外はシナリオ上で空気なのがお決まりだがそれが改善されている


・調合
ソフィーから続くパズル調合
触媒に続いてパネル全体に大きな効果を及ぼす活性化アイテムが追加
素材が複数のパネルを持つようになり、初期に作れる素材でも色とパネル数によっては終盤でも一線級で使えるものが増えた
良いものを調合で作ってそれを使ってさらに良いものを~と言う流れが今まで以上に強く感じられる
コルちゃん復活で量販サービスが戻ってきたので一度良いものを作ればそれを足がかりにしてドンドン作っていける
素材の厳選が今まで以上に重要になっているが、フィリスで面倒くさかったライン単位で埋める要素がなくなったり、結構調合Lvを上げないとできなかった回転も初期からできるのでその点はやりやすくなった



●悪いところや気になったところ
・採取
一つのマップにある採取ポイントが多めなのにその中の1.2箇所からしか取れないようなものがある
特別レアな物ってわけではなくて初歩的な調合に使うものだったりするのでその箇所に気づけないといつまでたっても拾えないことも
一つの採取地が複数区画に分かれているところでもかならず最初の区画から始まるので欲しいものが奥地にあると行くのだけでも面倒くさい
採取ポイントの多さに対して初期のカゴの容量も少なめで目星を付けて拾っていかないとすぐカゴが埋まってしまう


・戦闘
やはり仲間が6人で固定なのは寂しい
しかも、仲間の内5人が錬金術士なせいかアイテム使用の制限もだいぶ緩くなっているので個性が消えてしまったとも言える
いっそのこと全員錬金術士で全アイテムを使用可能とか突き抜けた方向に持っていっても良かったんじゃないかと思えるほど
↓唯一の非錬金術士であるマティアスさんのお言葉
DTeBBlVU8AEpD4a

シナリオ上では常時同行しているルーシャがパーティに入らないのも違和感がある……と思ったらDLCキャラだった
ルーシャが入ると錬金術士率がさらに高くなってしまうからとか思ってたんだけどそんなことはなかった

新システムのバトルミックスは特徴的ではあるが、諸々が噛み合った結果強さや便利さよりも不便さを感じることの方が多い
・拾った素材を使うと言う性質上いつも決まったアイテムが使えるわけではないので戦術に組み込みにくい
。使うのは拾いやすい鉱石や水、植物等の定番素材を使ったものに固定されがち
・ボスを一直線に目指す場合などでも一々バトルミックス用の素材を拾う手間がかかり面倒くさい
・物によってはわりとレア度の高い素材を求められることがあり、そのようなものは拾えないのでカゴに入れてアトリエから持ち込むことになるが、戦闘アイテムと同じ欄に入れなければならない上、素材1つで1枠使ってしまう=1回で使い切りなので通常の戦闘アイテムと比べて存在価値が見出だせない
・既存のアイテムを強化するExミックスは1回で強制使い切りかつバトルミックスに必要なアルケウスアニマの消費が多すぎてほとんど産廃
・後衛時に発動条件を満たさないといけないので有効な場面を狙って使うことが難しい。双子を前衛にしてしまうと発動を拝む機会すらなくなる
とまぁとにかく使いにくい要素満点
バトルミックス専用アイテムは豊富にあるのにとてももったいない
素材系だけでも無駄に多くて空いている探索装備の欄に入れられる・普通のコマンドとして任意発動できるとかできればだいぶ違ったのだが……


・バグ
現在はアプデ修正済みなので参考として
戦闘時限定で調合できるバトルミックスのアイテムを戦闘外で調合できてしまう。そして、その中の一部アイテムは調合しようとすると確定でゲームが落ちる
裏技的な手順ではなく、ごく普通にプレイしていればできてしまうのでテストプレイしたのか疑ってしまう
一目見ればおかしいと言うことはわかるので回避そのものは容易でプレイ上の弊害はほとんどない


●総評・感想
だいぶ攻めた内容だったフィリスと違ってソフィーに戻ったようなマップ移動式の比較的シンプルな内容に戻った
ただ、制作時間が足りなかったのか一発でわかるバグが放置されたり若干の練り込み不足が感じられるところもあり、1作目でも手堅い完成度だったソフィー、粗はあったが広大な世界を味わえたフィリスと比べると一歩劣ると感じてしまう
と言っても調合の楽しさと魅力あるキャラと言う基本的な部分は悪くなっていない
良ゲー続きだった不思議シリーズの最終作として十分な出来と言える
おそらく次は新シリーズになると思うけど、年1作のペースに固執しないで少しインターバルを置いた方がいいかもしれんね

適当評価:☆☆☆☆

2018-01-30:主にバトルミックス関連の加筆修正
やる予定のもの
今までやったもの
画像クリックでamazon、文字クリックでブログ内レビュー記事へ飛びます。
レビューを見比べると面白いかも?
古いレビュー一覧は
こちら

●2018年

●2017年
・12/21
適当評価:☆☆☆☆
・11/30
適当評価:☆☆☆☆
・10/19
適当評価:-
・09/28
適当評価:☆☆☆
・07/29
適当評価:☆☆☆☆☆
・07/06
適当評価:☆☆☆☆
・02/16
適当評価:☆☆☆☆
・01/26
適当評価:☆☆☆☆☆

●2016年
・11/02
適当評価:☆☆☆☆
・08/03
適当評価:☆☆
・03/24
適当評価:☆☆☆☆☆
・03/24
適当評価:☆☆☆☆☆
・03/10
適当評価:☆☆☆
・01/28
適当評価:☆☆